会社のためじゃなく、自分のために働くべき理由

サラリーマン

どうもヒロです。

あなたは自動車メーカーに興味はありますか?

私は自動車メーカー技術職の9年目です。

新入社員の研修から教えられたことは「会社のために働け」でした。

そして、会社のために働き続けた結果、私はうつ病になったのです。

この日本では当たり前の「会社のために働け」について考えてみます。

「会社のために働く」は間違いな理由

仕事

会社のためは建前

そもそも、本当に会社のためで働いて貢献するなら無償で働くべきです。

何の対価もなく、ただがむしゃらに仕事をすることが、会社に1番貢献しています。

しかし、タダで働く人なんていません。

みんな「会社のために働け」と言いますが、その人達はがっつり給料をもらっているのです。

しかも、そんなことを部下に平気で言う上司は部下の何倍もの給料をもらっているのです。

この時点で「会社のために働け」という理論は崩壊しているのです。

会社の経営は経営者の仕事

では会社のためにとはどういう意味でしょうか?

よく言うのは「会社の経営危機だから、みんなで会社のために頑張ろう」と言うのです。

私はこれを聞いて「は?」と思いました。

だって会社を経営しているのは、社長や役員達です。私たちは決められた仕事をしているだけです。

そして仮に経営が良くなっても給料は変わりません。

さらに経営陣は業績に応じて多額の報酬を得ています。

自分達が頑張るメリットが全くないのです。これで会社がピンチであろうが知りません。

ただ「経営陣の給料をカットすれば?」と思うだけです。

ある上司と先輩の会話

先輩「すいません、今日は定時日なので帰ります」

上司「おい、今帰ったらお前のせいで新車が立ち上がらないぞ、会社に迷惑かけるの分かってる?」

確かに最低限の仕事をする必要はあります。もしも、従業員が3人だけであれば、この会話は成立します。

しかし、1人の仕事の出来が会社の運命を左右する状況なんて、大手メーカーの組織としてマズすぎでしょ。

先輩は当時、入社3年目でした。こんなプレッシャーを平気で与えてくる上司は頭がおかしいのです。

会社のためには危険

私は入社当時の洗脳もあり、会社のために頑張ろうと思っていました。

しかし、仕事を頑張れば頑張るだけ責任は重くなります。

会社のためにと思うだけで、仕事が終わらなくなるのです。

仕事はやろうと思えば終わりがありません、ただ渡させる仕事を残業して対応していました。

そしてうつ病になったのです。

このように会社のために頑張ろうとすると、仕事に歯止めがきかなくなります。そして、段々と何のために頑張るのか分からなくなるのです。

仕事は自分のために頑張る

サラリーマン

家族のために頑張るも微妙

よく家族のために仕事を頑張る人もいます。会社のためよりもマシですが、これも危険です。

家族のためということは、仮に仕事がキツいと家族のせいになります。

もしも本当にストレスが溜まれば、家族に当たってしまう可能性もあるのです。

私も家族のためにと思って働いたこともありましたが、それはただ仕事に耐える口実でした。

決していいことではありません。

人は自分のためにしか頑張れない

仕事を何のためにしているのか、それはただ自分が生きていくためだけです。

会社のためとか、家族のためと言う前に、まずは自分のためにならないといけません。

人はどうやっても、自分のためにしか動けないのです。

人のために本当に動けるのはマザーテレサぐらいです。

「自分のため」でないと、絶対に頑張ることはできません。

仕事にやりがいがない場合

とはいえ、残念ながら仕事にやりがいがない場合はあります。

まさに私もこの状態です。

私はこれをブログで解決しました。このブログは私のサラリーマン生活をネタにしています。

そして、ブログで稼げるようになれば、より楽しい人生を歩むこともできます。

まさに、会社を利用しているのです。

これは紛れもなく「自分のために働く」です。

もちろん、会社にいる限りは最低限の仕事をします。家族にも生活費を渡します。

しかし、自分が将来楽しく生活するための手段として仕事をしています。

前はいやいや仕事に行っていましたが、今は「ネタ探しでも行くか」ぐらいの気持ちです。

とはいえ、仕事はキツい時もありますが、そこはなんとか乗り超えています。

まとめ

ポイント

・人は極論「自分のため」でしか動けない

・会社のために働くと終わりがない

・会社の経営は経営陣がする仕事

・会社を利用して楽しく生きる方が100倍まし

仕事は「自分のため」にするしかないのです。

日本は建前社会です、誰も自分のためにとは言いません。

しかし、それはです。

みんなが「自分のために働いてる」と堂々と言える社会なら、もう少し居心地はいいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください