私が実際に経験したボランティアの派閥(グループ)について

女性グループ

どうもヒロです。

あなたはボランティア活動に興味はありますか?

私は大学3年から社会人の2年目までボランティア活動していました。

初めは一担当でしたが、最後は取りまとめ役までしました。

ボランティアの人間関係はやはり複雑です。その中でもボランティア内の派閥についてまとめてみました。

ボランティアの派閥イメージ

考える女性

かなりざっくりですが、ボランティアは年齢と経験年数、及び性別によってグループができます。

A:女性の年齢が高いグループ(女子の社会人)

B:年齢が低い男女グループ(大学生)

C:経験年数が長いグループ(大御所)

これは、あくまでも私がしていたボランティアに限った話しです。

しかし、多かれ少なかれ、このようなグループは自然と作られていきます。

女性の年齢が高いグループ(女子の社会人)

私のボランティアは毎年スタッフの入れ替えがあります。スタッフは約30人ですが、なぜかいつも女子が少しだけ多いです。

そして、その女性スタッフにもベテランや新人の方がいます。

ボランティアは20代の前半が多いので、ベテランと言っても、いわゆるアラサー世代の女性達です。

ボランティアの経験年数は5年前後です。

私が2年目に参加したボランティアでは、このベテラングループの女性Aさんが全体のリーダーでした。

決してみんな仲が悪いわけではありませんでしたが、やはりAさんを中心にしたベテラン女性メンバーが主力となっていたのです。

決して他のグループと仲が悪い訳ではありませんが、自分たちからも積極的に仲良くなろうとはしない様子でした。

年齢が低い男女グループ(大学生)

基本的に若い新人は男女とも仲がいいです。やはり、先ほどのグループAとは少し距離があるイメージです。

新人は大学生がほとんどです。なので年も近く話も合うのですぐに仲良くなります。

ボランティアで友達を作りたいと思っている人も多く、あまり敵を作ろうとする人もいません。

しかし、男女で仲がいいので、グループ内の男女のいざこざはよく起こります。

経験年数が長いグループ(大御所)

ボランティアにはやはり大ベテランの大御所がいます。私がしていたボランティアには、10年以上の経験がある大御所が3名ほどいました。

この3人は年も40歳を超えているので、他のスタッフとの距離はそこまで近くありません。運営側なので、活動を計画して見守るポジションです。

基本はグループごとに遊ぶ

友達

ボランティア以外でそれぞれのグループが交流することはほとんどありません。

ベテラングループAはよくプライベートでも遊びに行っているようですが、メンバーはもちろん固定されたいます。

みんな社会人なので、土日に旅行など行っていました。社会人っぽい遊び方です。

また新人グループBはボランティアの会議が終わった後にファミレスに行ったり、飲み会をしたりと、学生らしい遊びをしています。

まとめ

協力

ボランティアでは多少なりとも派閥(仲よしグループ)があります。

これは年齢や性別、社会人か学生かによって分けられます。

ボランティアをしている時は、それぞれのグループはあまり関係なく、みんなで活動を頑張ります。

しかし、ボランティア以外になると、それぞれのグループのメンバーで遊ぶのです。

私は明らかな派閥争いを感じたことはありませんが、多少のいざこざはあります。

これだけ多様な人が集まれば当たり前のことだからです。

なので、派閥なんてあまり気にせずに、ボランティアを頑張りましょう。そうすれば自然と誰かと仲良くなれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください