テレビを見ない生活を半年続けて分かったメリットとデメリット

テレビ

どうもヒロです。

管理人ヒロ さん
みなさん、家にテレビはありますか?
悩めるサラリーマン
はい、あります。ついつい見てしまいます。

私はテレビを見なくなって半年が経ちました。そこで分かったテレビを見ない「メリットとデメリット」をお話しします。

テレビを見ないメリット

まる

自分の時間が増える

あなたは毎日どれだけテレビを見ていますか?

私は平日3時間、土日は5時間ほどテレビを見ていました。年間およそ1,300時間もテレビを見ていることになります。日数にすると丸54日です。

人生の多くをテレビを見ることだけに使われているのです。改めて数字にすると恐ろしい時間です

テレビは見出すとなかなか抜け出せません。各局が趣向を凝らした番組はたしかに面白いです。

しかし、テレビは決して自分の時間でしょうか?

私はテレビを見なくなった替わりに自分の時間が増えました。ブログをする時間やツイッターで情報を発信したりしています。

また、家族と会話する時間が増えました、今まではテレビを見ている時はあまり会話しなかったり、テレビの内容について話すことが多かったです。しかし、テレビを見なくなってからは、家族のことや子どもの将来のことについて話をするようになりました。

もちろん、子どもと遊ぶ時間も増えました。以前は19時ごろに家に帰ってニュース番組を見ていましたが、その時間を子どもと遊ぶ時間にすることができました。これは大きな変化です。

テレビは情報を一方的に受け取るので、自分から積極的に行動することがなくなってきます。そして使い方を間違えると自分の時間の多くを無駄にしてしまいます。

生活費が浮く

テレビがないと、電気代が必要ありません。1時間テレビをつけると電気代は約1.5円かかります。私の場合、年間1,300時間見ていたので、1,950円の電気代の節約になります。

また1番効果が大きいのは「NHKの受信料」です。受信料は1年間で13,990円です。なかなかの額になります。

そして、テレビは消耗品です。10年もすれば新しいものに買い替えなくてはいけません。だいたい10万円が相場でしょう。決して安くはない買い物です。

私は32歳です。仮に80歳までの48年間テレビを見続けたとします。

かかる費用は電気代 93,600円。NHK受信料 671,520円。テレビ本体 50万円です。

合計1,265,120円にもなります。車が1台買えてしまいます。

普段はただなんとなく見ているテレビですが、家計を圧迫していることが分かりました。毎月に分割されているので、あまり実感はないかと思いますか、これは大きな出費です。

無駄な買い物をしなくなった

テレビにはCMがあります。あなたはCMを見て買い物をしたくなったことはないでょうか?

おそらく自信を持って「ない」と言える人は少ないと思います。テレビを見ていると約15分に1回はCMで購買意欲をかりたてられるからです。

私もテレビのCMを見てコンビニで無性に買い物をしたくなったことがあります。また、なぜかたまにコーラを飲みたくなったりもします。

確かめることは難しいですが、少なからずCMを見て商品を知って認識することはあります。

私はテレビを見なくなって、買い物をあまりしなくなりました。コンビニにもほとんど行きません。

先日はクリスマスでしたが、家で妻の手料理を食べました。おそらくテレビではクリスマス関係のCMが多く流されていたと思いますが、それらを見ることがなかったので、無駄な買い物はしませんでした。

テレビとは、視聴者を消費に走らせる道具です。よく注意して見ないと生活がどんどん苦しくなります。

情報を選んで取るようになった

テレビだと、情報がシャワーのように降ってきます。しかし、そのほとんどは自分に必要のない情報でしょう。芸能人のスキャンダルのネタなどを知っていても自分は何も得るものはありません。

という私も昔はワイドショーをよく見ていました。しかし、それが人生のプラスになることはありませんでした。

あなたはどうでしょうか?

ただ漠然と流されている情報を見ているだけではありませんか?

テレビを手放す時、私も情報が取れないのではないかと思いましたが、そんな心配は不要でした。

今はスマホやパソコンがあります。

テレビでは1つのネタを時間をかけて流します。見ている方もそれに付き合ってしまうのです。

しかし、例えばヤフーニュースだとどうでしょうか?自分の気になった見出しだけを確認して、他の不要な情報は見なくていいのです。これは自分から積極的に情報を取りにいっただけ、価値がありますし、何しろ不要な情報に時間を取られません。

テレビには情報が溢れ過ぎています。私はテレビを捨てて思いますが、生きるうえで必要な情報はほとんどありません。

始めはスマホでニュースをよく見ていましたが、今はほとんど見ていません。芸能人のネタなどはどうでもいい情報です。見るのは天気ぐらいです。その代わりに自分が興味のあるジャンルを検索する機会が増えました。

テレビを見ないデメリット

ばつ

子どもが会話についていけなくなる

大人にデメリットはありません。

私は実際、テレビを見なくなって困ることはありませんでした。唯一、年末の紅白歌合戦が見れないぐらいです。しかし、実家に帰ればいいだけのことです。

ここでの「会話」とは、子ども同士の会話のことです。

あなたの子ども時代はどうだったでしょうか?テレビに出てくるヒーローやアニメの話をよくしていませんでしたか?

私には1歳の子どもがいますが、もう少し大きくなったら学校で友達がテレビの話をすると思います。その時に会話についていけないかもしれません。その時はネットを使って見たい番組だけ見せてあげようと思います。

まとめ

テレビがなくても全く生活に支障はありません。

昔はテレビや新聞が主な情報源だったのでしょうが、今はネットで十分です。また、テレビを見ることで、時間やお金を無駄にしないので、生活が豊かになります。思い切ってテレビを捨てましょう。

あなたの生活はきっとよい方向にいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください