積立投資で1億円貯めるシュミレーションをしてみた

上昇

どーも管理人の「ヒロ」です

言わずもがな、今日もなんとか1日が終わりました。午前中に宿題を終わらせ、午後はただたんたんと仕事しようと決め込んでいたのですが、先方から追加の検討依頼が。

あまりに突発でしたので、また明日から頑張ります。

ということで、最近は会社員から脱却する心構えを書いてきました。

幸せになるには金をたくさん貯めるか、将来楽になるように資産作りをするしかありません。では実際にどうすればいけるのかを検討してみました。積立の力恐るべしです。

投資で1億円貯めるシュミレーションをしてみた

上昇

1億円貯めるにはどうしたらいいのか。

宝くじで1億円当てるなどのミラクルに期待してはいけません。

宝くじの期待値は40%です。10,000円で4,000円しか返ってきません。

夢をつかむつもりが、夢からどんどんと遠ざかってしまいます。1円たりとも無駄なお金を使うことはやめましょう。ということでシュミレーションしてみました。

今回は「さわかみ投信の複利効果シュミレーション」を使用しました。

パターン①

元本:500万円
年利:8%
月10万円を投資

結果は23年で1550万円になりました。イメージこんなかんじです。

23年後は、なんと53歳ですよ。人生も折り返しです。

これはあくまで現状の年収のままなので、最低ラインです。

副業で月50万円を稼げるようになった前提で、月60万円積立に回すとします。

パターン②

元本:500万円
年利:8%
月60万円を投資

結果、9年で1375万円になりました。イメージはこれです。

正直、これでも9年かかるのかという感じですが、まずはこれを目標に頑張るべきかなと言うかんじです。同じ条件で、年利を15%に上げた場合も計算してみます。

パターン③

元本:500万円
年利:15%
月60万円を投資

結果7年で9,931万円になりました。イメージはこうです。

30代で1億円突破ですね。これしかない!ということで年利は15%以上を目指します。

おそらく米国株式の平均リターンが8%なので、15%はなかなかだとは思いますが、こちらを目指していきたいと。

やはりインデックス投信だけでなく、アクティブ投信や個別株を積極的に狙っていくスタイルでいくしかないかなと思います。

1億円いかずとも4年で5,000万円はいくので、配当でも十分生活するだけの目処はつきますね。これを夢物語にしない為にも日々努力していく次第であります。

皆様もいち早くサラリーマンから抜け出してください。

ちなみに、与沢翼さんのYoutubeをたまに見るのですが、紹介したいと思います。

会社員は会社から反抗されないだけの給料と、反抗されないだけの余暇を与えられる。そして日頃のストレスや疲れを癒すために余暇でお金を使う。なので会社員は会社員でしかいられない

この負のループから抜け出さない限り、人生終わりますよ。

私は気づくのが遅かったですが、今からこのループから抜け出すため努力し始めました。

まずはお金がお金を呼ぶ好循環を作ることが先決かなと思います。ということで、小さくてもコツコツと前に進んでいきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください