カリスマホストの「ローランドさん」から学ぶ人生論

緑の背景

どうもヒロです。

今回はカリスマホストの「ローランド」さんの名言からの学びをまとめました。

ローランド先輩はマジでやばいっす。

お金と選択の自由について

お金

カリスマホストのローランドさんの話です。彼は「お金がないと自由がない」と言っていました。

カリスマホストも昔はコンビニのタイムセールで50円のパンを買って食べていたようです。

さらに、西新宿のボロアパートにも住んでいたようです。

「お金がないと値段でモノを買うけど、お金がないと好きか嫌いかでモノを買える」とローランドさんは言っていました。

この言葉はなかなか深いです。

私は今、マンションの購入を考えています。とはいえ、予算は限られているので、まずマンションの値段を見て候補を選びます。

「あーいい感じのマンションだな」と思いながら、高いので候補にもならないのです。

自分の好きか嫌いかでモノを買うことができていない状態です。

心を動かされたら買う

ローランドさんはお金持ちになってから「を動かされたら買う」ようになったと言います。

買う時に値札なんて見ないそうです。

「心を動かされたら買う、それが100万円であれ、1,000円であれ、それはただの結果」だと。

値段に自分の選択を縛られて生きていないのです。

昔は50円のパンを選ばざるを得ないローランドさんが、今は自分の買いたいものを買っているのです。

お金は自分の選択肢を広げます。そしてストレスをなくせます。

私は予算内でマンションを買おうとしているので、選択肢も少なくストレスが溜まります。

管理人
自由な選択ができる人生をつかみたいですね!

自分の気持ちいい生き方をしたい

冒険する男性

最近、漫画のからくりサーカスにはまっています。

そこで主人公の才賀勝が「気持ちよく生きるための芸を教わってるんだ」という言葉を発します。

勝はかなりヒドイ生い立ちですが、サーカス団の一員として、団員と共同生活を送っているのです。

私はこの「気持ちよく生きる」について考えさせられました。

自分は気持ちよく生きれているか

今の自分は気持ちよく生きられているのだろうか。控えめに言って、気持ちよくはないです。

自分で選んだ仕事ですが、そろそろ限界が来ているのかなと思います。

私の会社では派遣社員がどんどん辞めていきます。

また正社員でもメンタルになる人がたくさんいます。私も上司のパワハラが原因でうつ病になり、2年ほど通院していました。

ここ最近は特に「気持ちいい生き方」の正反対の生き方をしていたのです。

自分が気持ちよく生きるためには、サラリーマンを辞めるしかありません。

まずはこの最低8時間も仕事をしなければいけない状況をなんとかしたいです。

そこから解放されれば、自分の気持ちいい生き方ができる気がします。

管理人
人生一度きり、気持ちいい生き方をしたいものです!

努力を続けることの難しさ

努力

またローランドさんの話ですが「1年も努力しない人が多すぎる」と言っていました。

あなたの周りにはなにか努力を続けている人はいるでしょうか?

私の周りには誰1人としていません。

私はブログを1年間続けていますが、ブログを始めても辞める人がほとんどです。

結果がなかなか出ないので、モチベーションを保つことが難しいのです。

ローランドさんも売れないホスト時代が1年以上もあったそうです。

下積み時代は誰にでもある

さらに下積み時代を振り返って「今思えば、自分の宝物になっている」と言っています。

下積み時代は誰だってあります。お笑い芸人だって普通に10年以上も下積みをしているなです。

ブログを始めて分かりましたが、サラリーマン以外でお金を稼ごうとすると、少なくても1年、普通は2年から3年はかかります。

私が初めてネットビジネスを学んだ本にも、最低1年は努力が必要と書いていました。

例えが「結果が出るか分からない高校球児」でした。

あんなに頑張って3年間も練習しているのに、試合に出る人数は少なく、さらに甲子園に行ける可能性はほとんどないのです。

それでも頑張って努力を続ける

私もブログで結果を出して「あの時の下積みはキツかったけど、楽しかったな」と言いたいです。

あなたも今頑張っていることがあるのなら、諦めずにもう少し頑張ってみては?

今回はありきたりな精神論になりましたが、やっぱり成功するにはコツコツ頑張るしかないですね。

管理人
1年続けると景色が少しづつ変わりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください