金利と株価の一般的な関係について

男性

どーも管理人の「ヒロ」です

「金利」が上がった下がったとニュースではよく騒がれています。

今は日銀のマイナス金利政策なんかも取りざたされています。この金利は株価と密接に関係しているのです。色々と調べてみました。みなさまのトレードに役立ててみてください。

金利が上がると株価は下がるのか?

考える女性

一般的に景気が良いと金利は上がりやすくなります

お金を借りてでも投資をしたいという人や家を買いたいという人が増えるので資金の需要が増えてお金を借りるための値段である金利は上昇しやすくなるからです。

このように景気が良いとお金の流通量が増えて、金利も上昇しやすくなります。

しかし、金利が上昇するとお金は流通しづらくなります。

金利が高くなるとお金は借りづらくなりますし、お金を持っている人は投資するよりも銀行預金などで安定して高い金利をもらう方を選ぶようになります。

こうしてお金が設備投資や住宅購入や株式市場に回ってきづらくなるのです。そして、景気や株価が下がることになります

このように金利には景気を抑制する側面と景気のよさを反映する側面があることが分かります。

「金利の種類」について

金利にはいくつかの種類がありますので、紹介したいと思います。

短期金利

短期金利は中央銀行がコントロールをしています。中央銀行とは日本では日本銀行、米国ではFRB(連邦準備理事会)がそれにあたります。

日本銀行はコールレート翌日物金利を決定します。これは金融機関同士の1日だけの貸し出しの金利になります。

景気が異常によかったバブル期などは短期金利の上昇がバブル崩壊へと繋がりました。

また、景気が悪い時は利下げをし、景気回復をはかります。実質金利がゼロになったいわゆるゼロ金利政策なども過去ありました。

またゼロ金利政策でも景気が上向かない場合には「量的緩和政策」が取られました。

これは日銀が当座預金(民間金融機関が日銀内に開設している預金口座)の残高を増やし、民間銀行の貸付けしやすい状況を作ることを目的とします。今は解除されています。

ちなみに「マイナス金利政策」とは民間銀行が日本銀行に新規でお金を預ける場合の金利をマイナスにする政策になります。

金利がマイナスになるとお金が減るので、一般企業などにお金を貸しつけようとする動きを活発にする目的でとられている政策です。

決して私達が銀行に預ける際の金利がマイナスではないのでご注意ください。

長期金利

長期金利とはお金を貸し出す期間が1年以上の場合に適応される金利のことです。

長期金利は10年物国債の利回りが指標になり、住宅や設備投資など長期借入が必要な大規模な投資に影響を与えます。

また、長期金利は、短期金利と景気の見通しを睨みながら国債市場の取引で決まります。

短期金利が低く景気見通しが悪ければ長期金利は低下しやすくなり、短期金利が低くても景気見通しが良ければ上昇しやすくなります。

ちなみに現在の10年物日本国債の利回りは0.053%です。普通預金に預けるよりはましかもしれませんが、それにしても低いですね。

ということで、金利と株価について調査をしてきました。

米国の長期金利が・・・というニュースを聞いても今いちピンとこなかったかもしれませんが、金利上昇は株価下落のリスクあり、と思うだけで経済を見る目が養われるかと思います。

皆さんがよいトレードをできますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください