サラリーマンの生産性が低い理由

考える人

どーも管理人の「ヒロ」です

いやぁ1日投稿が空いてしまいました。誠に残念です。昨日と今日で東京のとある展示会へ行って参りました。1カ月以上続けた連続投稿ですが、昨日は休日とさせて頂きまして、また今日から再開します。

本日のテーマは生産性です。この若造が偉そうにと思われる方もいらっしゃるかと思いますが。この2日間の出張での出来事含め、書いていきたいと思います。

サラリーマンは誰だって働きたくない

考える男性

東京の大きなホールを貸し切っての展示会で数百社の企業がこぞって出展していました。私もいちサラリーマンとして他者動向などの視察をしに行ったわけです。

ちなみに出張費は九州からの飛行機往復代と宿泊費で軽く5万円はいってますね。先輩と行ったので2日間で10万オーバーです。これ大学生のアルバイトが1カ月頑張って稼いだ額と一緒ぐらいじゃないですかね。

とりあえず展示会には行ったわけですが、2時間ほどで限界が来ました。とにかく一通り目を通して、資料集めて、写真撮ったりと頑張った訳ではありますが。

人混みの中を歩く限界を超えてしまいました。少し休憩するかと会場の外に出ると、まさかの休憩スペースが満員でした。

しかも、疲れ果てて誰一人として動こうとしません。

中には有益な取引などをされている方もいたかもしれませんが、参加者のアウトプットと展示企業のコストがまったく釣り合ってないんじゃないかなと。

最先端であろう技術を学べるいい機会ではあるんですが、どうなんでしょうか。主催社側にとってはかなりおいしいビジネスになっている気がします。

普通のサラリーマンが言うのもなんですが、出張は費用対効果が薄いですよね。

今回は上司からアウトプットというより、どちらかというとボーナス的な出張だとは言われてましたが。といっても誰だってできれば働きたくないんですよね。休憩所で時間を潰しているお疲れのサラリーマンを見るとひしひしと伝わってきました。

サラリーマンは定時時間内に移動しても給料は同じ

出張

会社によって違うかもしれませんが、私の会社の場合は出張中の移動時間は勤務時間にカウントされないんですよ。

ということは定時時間外で移動するのはよほどのことがない限りはやりません。真面目な方は定時後移動をするのかもしれませんが。

ということで、今日はもう14時くらいに切り上げて羽田空港に着いたんですが、おそらく同じ行動をしているサラリーマンの方がたくさんいました。

帰りの飛行機は満席で、おそらくほとんどが会社員だったと思います。

仕事を進める上では遠方に行く必要はもちろんあリますが、基本仕事したくない会社員が出張すると生産性は低いです。営業利益がどんどん下がリます。

日本は飲み会文化なので、飲食店からするとウェルカムなのかもしれなですけど。株主からしたら、頑張って働いてくれと思うでしょう。

話がそれますが、帰りは満員電車に近い状態で帰ってきました。日頃の通勤は車で20分なので、電車通勤のストレスというものを感じてしまいました。

金曜日の帰りなのに、電車に乗っている全員が疲れていました。

私もサラリーマンになることに何の躊躇もなかったわけですけど、よくよく考えると毎日8時間は最低働いて、毎日同じ場所に時間かかる人は2時間かけて会社に行くわけです。

特にお父さん世代だとかは副業とかも認められていなかったでしょうし、会社員しか選択肢がない世界だったのです。

というわけで、このお金を稼ぐために働くループから早く脱出するために、日々こつこつと努力するしかありませんね。

明日は心療内科行かないと。心療内科に行くたびに会社を辞めるモチベーションが上がりますね。みなさんも早く会社員のループから抜けて笑顔になれる生活にいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください