モノゴトが上達するためのポイントまとめ

上昇

どーも管理人の「ヒロ」です

みなさん趣味ってお持ちですか?せっかく趣味を持ったんだったら、うまくなりたいと思うのは当たり前。でもなかなか上達しないことありますよね。

この記事は私が「ダーツAフライト」を達成した方法を基に、夢(目標)を叶えるための行動やマインドなどをお伝えしていきます。

おそらくみなさんの目標達成の手助けになると思いますよ

上達のための適切な目標設定

ポイント

みなさん、目標設定ってどうしていますか?大胆な目標を設定する方もいると思いますし、これぐらいは達成できるだろと手軽な目標を立てる方もいると思います。

途方もないところを目標にするとなかなかすぐに上達しないことが焦りに繋がり、最悪の場合、行動することを辞めてしまうことになります。

また、手軽な目標をといっても、具体的な目標設定が難しい方もいらっしゃるかと思います。

私は実用書で読んだ内容を基に「現状のプラス20%」を目標に設定しています

例えばあなたがTOEIC(990点満点)で現在500点だとすると、当面の目標を600点(500×1.2)に設定すると適度にモチベーションを保ちながら勉強に励むことができると思います。

私が取り組んだ「ダーツ」もレーティングが細かく定められており。目標を設定して取り組むことができました。初めはC8で目標がA14(数字が大きくなるほど上級者)でしたが、最終的にはA16まで上達をすることができました。

その間、練習を休むことはほぼなく、モチベーションを維持しながら取り組むことができました。

上達曲線について

上達

何事もすぐに上達することはありません。もともと天才的なセンスがある人は違うのかもしれませんが・・・(しかし、センスがある人は上達が早いが、あるレベルに達すると壁にぶつかる傾向があるとの著書もある)

やはり基本的には継続が大事で、いかに自分を信じて取り組めるかが重要です。しかし、続ける上でまったく上達しない、あるいは前よりも結果が悪くなるという時期もあります。

ここでは私が取り組んだダーツの記録を下記に示します。

グラフ

これはカウントアップというゲームの記録で。24本ダーツを投げた合計点数で競うゲームです(赤線が最高点、青線が平均点です)。約150回の練習結果になります。

平均点は1回目461点でしたが、最高で717点と約150点上げることができました。

しかし、見ての通り、毎回点数が上がっているのではなく上昇と下降を繰り返しながら、徐々に右肩上がりのグラフになっていることが分かります。(1回目から61回目まではほぼ横ばいでその後上昇)

上達曲線はもちろん種目やその人によって異なるのですが、やはりスランプの時期と上達する時期とが混じりあっている場合が多いかなと思います。

上達するためのマインド設定

なので言いたいことは、一回一回の結果にあまりとらわれず、スランプが来てもこの先の上達期間の前振れだと思い練習を続けることが大事だということです。

私の経験上、長いスランプの後、今までの不調が嘘なような結果が突然現れることがあります。スランプは今までの経験を整理している時期ととらえると良いかもしれません。

まぁあまり深く悩まずに何事も楽しんでやれることが一番なんですけどね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください