実際に禁煙して感じたメリットまとめ

禁煙

どうもヒロです。

みなさん、タバコ吸っていますか?

私は数年前に禁煙をし、今は全くタバコを吸っていません。吸いたいとも思いません。

禁煙を実際にやってみたメリットをまとめてみました。

禁煙のメリット

緑の背景

お財布に優しい

私はそこまでヘビースモーカーではありませんでしたが、毎月1,000円〜2,000円はタバコを買っていました。年間2万円程度です。

今もタバコの価格は上昇しています。セブンスターはなんと1箱500円です。

1997年は230円でしたので、ここ20年で倍以上に値上がりしています。

500円もあれば、おいしいランチに行くことができます。

私は結婚してからお小遣い制になりました、月に2万円のお小遣いです。

タバコなんて吸っていたら、お小遣いがすぐになくなります。

タバコは今やお金持ちの娯楽になっているのです。

タバコを吸うぐらいなら、おいしいご飯を食べる方が100倍マシです。

服が臭くならない

タバコの匂いは強烈です。受動喫煙でも服が臭くなります。自分で吸えば、かなりキツイ匂いが服につきます。

タバコの匂いは選択してもすぐに取れません。せっかく新品の服を買っても、タバコの匂いがすぐに付いてダメになります。

結婚後に困らない

もしあなたが喫煙者で結婚を考えているのであれば、今のうちに禁煙しましょう。

タバコは配偶者や特に子どもにとって悪いものでしかありません。

タバコを吸っている状態で子どもを作ることもリスクが高いです。

私の子どもは1歳ですが、周りの保護者は全員禁煙です。

たまに喫煙している方がいますが、周りからはかなり冷たい目で見られます。

結婚=タバコをやめることです。

喫煙はただの習慣ですが、すぐにはやめられないものです。

独身の今のうちにやめておきましょう。そうすれば、結婚後の生活にも支障がありません。

結婚後に禁煙するとストレスが高いので、早めの禁煙をオススメします。

タバコをやめて健康になったか?

疑問

これは正直分かりません。タバコを吸っていた頃は若かったので、タバコを吸っていても元気に活動できていました。

しかし、中年になってもタバコを吸い続けると実害はさらに大きくなります。

30歳を過ぎると体力がガクンと落ちます。

これでタバコでも吸っていようなら、肺はもちろんのこと、全身がすぐにボロボロになります。

確かにタバコを吸っても元気そうな人はたくさんいます。しかし、喫煙者のおじさんの身体の中身はボロボロなのです。

ちなみに私の父親は昔タバコを吸っていました。その時はアトピーがひどかったです。しかし、タバコを辞めてからはアトピーの症状がほとんどなくなりました。

タバコは明らかに有害物質のかたまりなのです。

会社が全面禁煙になる

禁煙

私は自動車メーカーで働いています。昔はほとんどの従業員がタバコを吸っていました。

休憩時間の喫煙所はいつも人で溢れていました。

しかし、自分の会社は来年から全面禁煙になります。

今ではタバコを吸う人の方が珍しくなっています。既に部長クラスは敷地内で吸うことができなくなりました。10年前の光景が嘘のようです。

昔はタバコ会議と呼ばれるように、喫煙所が社内のコミュニーケーションの場になっていました。

私も入社した頃は、喫煙所で知り合って先輩と仲良くなることなどもありました。

しかし、今では喫煙者自体も減っていて、タバコを吸える時間もさらに限られてていす。私の会社では定時後にしか吸えなくなりました。

タバコのコミュニーケーションは終わりを迎えているのです。

喫煙者は社会的なプレッシャーが大きい

お手上げのサラリーマン

今はタバコを吸う場所を探す方が難しいです。いたる所で喫煙所が撤去されています。

最近では歩きタバコの危険性や受動喫煙の健康被害が取り上げられています。

このような状況でタバコを吸い続けることは精神的なプレッシャーが大きいです。

今では歩きタバコをする人はほとんど見かけなくなりましたが、これからはさらに喫煙者に対する風当たりは厳しくなります。

まとめ

サラリーマン

タバコはまさに「百害あって一利なし」です。健康によくないものにお金を払っているのです。

これからは喫煙者の風当たりがますます強くなります。タバコを吸っているだけで女性にも好かれずに結婚することもできません。

子どもができてからは誰でもタバコをやめなければいけません。それならすぐに辞めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください