今日本で起こっている悲惨な出来事の解説です

男性

どうもヒロです。

久しぶりのブログです。

ブログのPVが下がって少し凹んでますが、また再開しようと思います。

今回は「日本ヤバいよね」の理由を解説します。情報源のほとんどはYouTubeです。

今までマスコミ等で意図的に隠されていた内容が、ネットで見れます。真実はネットにしかないですね苦笑

GDPは上がってないよ笑

日本

GDPは国民総生産です。GDPがその国の成長を表すもっとも分かりやすい指標です。

政府はアベノミクスだなんだと言って、GDPは上がっていると公表しています。しかし、実際はその数字をごまかしているのです。

実際は成長率0%か、むしろマイナスです。

過去の基準よりも、都合のいい基準を改めて採用しているようです。

政府は重要な資料でさえ、平気でごまかすので、GDPの数字なんて余裕で改ざんすることができるのです。

景気なんてよくなってない

政府は「デフレから脱却し、景気は回復した」と言っています。

しかし、景気はよくなってなんかいません。

実際に私達の賃金は下がっています。

政府は賃金は上がっていると言っていますが、それは「名目賃金」です。

物価の上昇を除いた「実質賃金」は下がっているのです。

これも政府の発表に騙されているのです。

「政府は景気が良くなったって言うけど、実感ないわ・・・」

そりゃ当たり前です。だって給料増えてませんから

社会保険料なんかは年々上がっています。消費税も10%です。生活が楽になるはずがありません。

財源足りてないの嘘

日本は毎年、国債発行という借金をしている。国民1人あたり900万円だ。

はい、嘘です。

これはオリラジの中田さんも解説しています。

仮に国が海外に借金していれば問題です。しかし、実際は政府が日銀に借金しているのです。

さらにその借金は最終的には庶民の口座などからになります。

国民の借金ではなく、国民が政府にお金を貸しているのです。真逆ですね笑

これも立派な洗脳なのです。

財源足りてないよね、増税しなきゃは大嘘のロジックなのです。

負のループは止まらない

困る男性

このループは残念ながら総理大臣でも止められません。海外の権力者達がからんでいるからです。

日本の大手企業の株主を確認してみてください。だいたいは海外の会社が入っています。

つまり、この日本ではある特定の人たちにお金が流れるようなシステムが確立されてしまっているのです。

ではその負債を受けた国民はどうなるのか。それがまさに今の日本です。

実質賃金が減る

①収入が減るので、結婚なんて考えられない、未婚率の上昇。

⇨子どもが増えないので、少子高齢化

②収入が減るので消費しない

⇨企業の儲けが減る、企業の倒産やリストラが当たり前になる。

⇨若者の労働意欲が低下。生産性がさらに落ちる。

③事件が増える

⇨社会不安が広がる。日本にいたくないと思う、海外で働く人も増える。人手不足。

④選挙に興味なくなる

⇨自分のことで精一杯、選挙に行かない。政府にやられたい放題。

これからの日本でどう生きるか

サラリーマン

私は別に陰謀論を述べたいわけではありません。しかし、今日本で起きていることは、偶然ではなくて必然なのです。

これに大きな力が働いていることは明らかなのです。

では個人としてどうするか。

選挙でNOの意思を示す

まずは選挙に行きましょう。国民が抵抗の意思を示せるのは選挙しかありません。

どんな政党に入れていいか分からない人は、まず自分の生活を壊す政策をする政党には入れないことです。

民意を問いたいのであれば、はっきりとNOと言えばいいだけです。

ここまで日本国民が衰退したのは、その大きな力に屈してしまったのです。

いやいや、俺は何もしてないし」と言う方は残念ながら大敗です。

何もしないとはみすみす負けを認めていることなのです。

あなたは会社の上司からパワハラされたらどうしますか?言われっぱなしですか?

昔の私はそうでした。何も言わなかったらさらにパワハラは酷くなり、うつ病になりました。

今は違います。上司に理不尽なことを言われても、言い返しています。

自分の身は自分で守る

自分の権利を放棄するということは、どうぞご自由にしてくださいということです。

国民は馬鹿にされてます。無力だと思われています。搾取されています。だって本当にバカなんですから。このままでは終わりです。

今変わらないと、他国に乗っ取られて終わります。

坂本龍馬は日本を守るために明治維新をしました。今はそんなスーパーヒーローはいません。

1人1人が自分の生活を守るためにどうすればいいのか、考える時なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください