投資信託300万を購入して失敗した話

困る男性

どーも管理人のヒロです。

皆さんは株や投資信託などの資産運用はされているでしょうか?

私も株についてのブログを書いており、投資をしています。しかし、投資は必ず儲けるわけではありません。

皆さんも大事なお金を投資する際はまず投資ルールをきちんと決めて、実行できるようにしてください。では私の失敗談をどうぞ。

投資信託でも失敗することはあります

女性

毎月積み立てるから、損は小さいはず。積立NISAなどで投資信託を購入されている方も多いのではないのでしょうか?投資信託はイメージですが、株よりも損をしにくい気がしませんか?

たしかに多くの銘柄を組み入れているので、単発の個別株を買うよりはリスクが分散されると考えることはできます。

私はSBI証券の投資信託「SBI中小型割安成長株ジェイリバイブ」を昨年10月に購入しました。途中買い増しもしたため基準価額は16,000円です。

2018年の2月のダウ暴落からいっこうに上昇する気配がなく、じりじりと15,099円まで値を下げてしまいました。

私は買う際に15,000円目処で売ることを決めていました。購入時の基準価額の▲5%を下回った時点で自分の予想とは反しているので、本日全額売りに出しました。約15万円の損となりました。

ここでSBI中小型割安成長株ジェイリバイブの1年チャートをご覧ください。

2017年は非常に調子がよく、基準価額も17,500円をつけていましたが、2018年は一気に下降していき2,000円も下がっています。

16,000円あたりを行ったり来たりして、最近になりさらに下がったため損切りという結果となりました。

投資信託に失敗して思う、こうしておけばよかった事

考える男性

投資の世界にたらればはないと思うのですが、この失敗をかてにしなければ全く意味がないので振り返りたいと思います。

①ただ預けておけば上がるものだと思っていた

まとめるとこれにつきるのですが、買った当時は毎日価額が上がっており下がることは正直想定していませんでした。

このまま買い増しをしていけば、仕事しなくてよくなるぞと思っていたほどです。

当時この投資信託は年リターンがなんと60%もあり、私はそれに飛びついて購入をしてしまいました。

過去のリターンはあくまで銘柄選択の一つの条件であり、詳しく商品の中身を見ていませんでした。

そして暴落してからあわて出しました。自分にとっては300万円はそこそこまとまったお金だったために、メンタルにも少しきていました。

②利食いの条件を決めていなかった

損切りについては▲5%と決めていましたが、利食いについては明確に決めていませんでした。

今回は天井が17,500円でしたので、最高で25万円の利益確定ができていました。

10%の上昇で半分利益確定をして、残りはさらに10%上昇時に損切りなど細かくルールを決めておくべきだと思いました。

③価額が下がった時にメンタルがついていかなかった

毎日働いて給料をもらっている身の私が、なにもしなくてお金が減ることはかなりメンタルに悪い影響を及ぼします。

300万円を投資した時はいけいけだったのですが、1日で17万円下落した時はかなり落ち込んでいました。

自分で決めたルールに沿って運用していたのですが、予想以上でした。まずは少額の投資でメンタルを少しずつ慣らしていこうと思います。

ということで、当たり前ですが株や投資信託は過去どれだけ調子が良くても下がる時は下がります。

上昇し続ける銘柄など存在しません。頭では理解していたものの、今回の件で身にしみました。

まずは投資スタイルを改めて米国インデックス投資信託を地道に積み立てていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください