専業主婦で子持ちは人生ハードモードだが幸せは最大級な件

どーも管理人の「ヒロ」です。

私は妻が専業主婦かつ子持ちは人生はハードモードだと思います。

しかしながら、そこから得られる幸せも最大級だと思っています。とても強いラスボスを倒した時の達成感に似ているところもあるかと思います。

ということで、我が子は生後まだ半年ですが、何がハードモードなのか、このハードモードをある意味クリアするためにはどのような戦略がいるのかを考えてみたいと思います。

自分の時間という制約

時間

独身の時は、当たり前ですが、仕事以外の空き時間は自分の時間になります。

しかし、子どもが生まれるとそうはいきません。私の場合、妻が寝かしつけなどはやってくれるのでかなり楽をさせてもらっていますが、基本子どもが寝るまでは自分のやりたい事をする時間はありません。

やりだしても、途中で中断してしまうので、作業効率がとても悪いです。我が子はだいたい20時には寝るので、それからが自分の時間になります。

私の場合はこの時間からブログの更新をすることがほとんどです。今も結婚式から帰って子どもが寝たので作業を始めました。

ということで12時には寝るとすると4時間程度が自由に使える時間になります。土日は隙間時間でブログ更新をするのですが、やはり6時間ぐらいしかとれていないと思います。

独身のころは土日はフルに16時間ぐらい、平日は6時間程度はとれていたのですが、半減します。自分の時間が取れないということは作業量が減るわけですから、いかに集中して取り組むかが大事になります。

しかし、いざやるぞという時に気乗りしなかったりと色々とあるので難しいところです。

お金という制約

お金

我が家は典型的な専業主婦家庭です。妻がせどり副業で先月は3万円程稼いでくれましたが、今のところはアルバイト程度です。

子どもが生まれると消耗品が増えるため支出が増えます。あと部屋の温度を一定に保たないといけないのでエアコンつけっぱなしになるため電気代もかかります。

また習い事をさせるとさらに支出は増えます。我が家は月に4万円程かかっていると思います。また幼稚園、保育園に通い出すとされに支出は増えます。

一家で月に30万円は軽くいくのではないかと思います。私の現在の月の手取りが30万円なので、やばいですね。ボーナスそれ以外ででるので、月々かつかつ、ボーナスを貯金するみたいなイメージになると思います。

ここで割り切って妻に正社員になってもらうことも考えるのですが、これだけ会社を嫌と言っている私が妻に会社員を薦めるのは理解できないということで今はせどり収入を増やしてもらえるよう頑張ってもらっています。

私の理想としては、家族がずっと家にいられる環境です。さらっと言いましたが、実現するにはなかなかハードルがあると思っています。

家族が平日家にいるということは、すなわち勤め人ではないということなので、両親とも家で仕事をしているかニートということになります。

いやぁニートいい響きですね。早く行きつきたいと思います。

子どもがいてこその幸せ

家族

私の場合、1人遊びと妻とする遊びには満足しきっていました。新入社員時代から同期に合コン大臣と言われるまで遊びましたし、妻とも色々なところに行って遊びました。

正直やり尽くしたかなという気がします。これ以上の楽しみは子育てしかないと思い、子どもを作ることにしました。大変なことも多いですが、それ以上に笑顔を振りまいてくれたり、幸せを私は実感できています。

人それぞれ幸せの形はあると思いますが、私は妻と子どもいての家庭での幸せが最高だと思っています。なので、あとはサラリーマン生活をいかに早く脱出していくかなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください