独身時代に知りたかった父親のスケジュールまとめ

育児をする父親

どうもヒロです。

あなたは子どもに興味はありますか?

今回は1歳の子どもを持つ父親の私のスケジュールについてまとめました。妻は専業主婦です。

平日のスケジュール

カレンダー

7時 起床

7時半 出勤

8時 仕事開始

18時 仕事終了

18時半 帰宅

19時 夕食

20時 子ども就寝

23時 大人就寝

とざっくりこんな感じです。

いかに早く家に帰るかが鍵

サラリーマン

平日の動きで1番大切なことは、いつまでに帰宅するかです。

私の会社は17時半が定時なので、できるだけ18時までには帰れるようにします。

そのためには、とにかく仕事をさっさと終わらせることです。

子どもが20時には寝てしまうので、1時間でも遊ぼうとすると、やはり18時には帰らないといけません。

急に休んでも問題ない状態にしておく

パソコン

今の日本は核家族(父・母・子どもの家庭)が一般的です。

核家族の場合、母親が病気になると大変です。必然的に父親が会社を休まなければいけません。

あなたの会社は突発で休みを取ることはできますか?

私の会社ではその日の朝に上司へ電話すれば突発でも休むことはできます。あまりいい顔はされませんが仕方ありません。

母親はずっと子どもと一緒にいるので、休みがありません。

そうなると、疲れがなかなか取れないので、風邪をひきやすくなるのです。

さらに子どもは免疫力がないので、すぐに風邪を引きます。感覚的には1ヶ月に1回は病気になります。

最近は手足口病にかかり、治るまでに2週間かかりました。手足口病などは、大人も感染するリスクがある、危険な病気です。

とにかく仕事を急に休んでも、ある程度大丈夫な状態にしておかないといけません。

休日のスケジュール

家族

8時 起床

8時半 朝食

9時買い物

12時 昼食

13時 プールなどの遊び

15時 昼寝

17時 お風呂

18時 夕食

20時 子ども就寝

21時 大人就寝

休日は平日よりハード

歩く男性

よく「仕事と育児、どちらが大変か」という議論がありますが、子どもが小さいと育児が大変だと思います。

なぜなら、平日は23時頃まで起きられますが、休日は21時に寝てしまうからです。

しかも、休日は妻もいます。平日の妻の負担の半分でもかなり疲れるのです。

会社で消耗するとアウト

忙しい

そうなると、休日で子どもと遊ぶために、会社ではできるだけ体力を温存しておきたいところです。

仕事で体力を奪われてしまうと、育児や家事ができなくなります。

父親は全てのスタートが仕事なのです。

下ははいい流れです。

仕事うまくいく⇨体力や精神力が減らない⇨育児や家事を頑張れる⇨妻の負担が減る、子どもも喜ぶ

これは悪い流れです。

仕事うまくいかない⇨体力や精神力が減る⇨育児や家事ができない⇨妻の負担が増える、子どもも機嫌が悪くなる

とにかくさっさと仕事を終わらせて、家に帰って妻の負担を減らしたり、子どもと遊ぶことがベストです。

家事や育児を頑張る前に、まずは仕事を早く終わらせる能力をつけることが大事なのです。

自分の時間は諦めよう

走るサラリーマン

独身は100%自分の時間です。

父親になると、平日は1〜2時間。

休日は子どもが昼寝する時間など2〜3時間です。

一週間で10時間ほどです。独身時代の10分の1程度になります。

よく子どもができると、友達と疎遠になると言いますが、当たり前の結果なのです。

こればかりは仕方ありませんので、おとなしく諦めましょう。

まとめ

ポイント

父親のスケジュールのほとんどは、仕事と家族です。自分の予定が入る余地はほとんどありません。

1人で外出するのは、友達の結婚式や会社の飲み会ぐらいなのです。

会社の昼休みなどをより有効的に使うしかありません。

独身の方は、今のうちに自分がやりたい事を思いっきりやっておきましょう。私は世界一周旅行をしておけばよかったと後悔しています。

自分だけの長い休みは、残念ながら老後にしかやって来ません。

今しかでかないことを思いっきり楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください