合コンを100回した男が語る失敗談と教訓

困る男性

どうもヒロです。

みなさん、合コンの調子はどうでしょうか?

悩めるサラリーマン
なかなかうまくいかないです。他の人の経験も聞いてみたいです!
管理人ヒロ さん
合コンは失敗の連続、くよくよせずに前に進みましょう!

私は今まで合コンを100回以上してきました。

最終的には妻と出会うことができましたが、数多くの失敗をしてきましま。

今回は私のやらかしたとこと、その教訓をまとまてみました。

飲み過ぎて迷子になる

乾杯

これは大失敗です。合コンで日本酒を飲みすぎてしまいました。

店を出てみんなについて行こうとしたのですが、気づいたら道端に倒れていました。

そして、先輩からの携帯の着信にも気づかずにぐったりしていました。

たまたま通りかかったタクシーの運転手が声をかけてくれ、そのまま家まで送ってもらいました。

片道10,000円もするところを、5,000円で乗せてくれました。

先輩に連絡することもできずに寝てしまったので、後からかなり心配したと言われました。

後輩が消えたら焦りますよね。

大失敗したものの、世の中には優しい人がいることを知った経験でした。

あの時のタクシーの運転手さんには感謝してもしきれません。

この失敗から「とにかく飲んでものまれるな!」を実感することができました。

あと女性から飲みをすすめられると、かなり断りにくいのですが、なんとかごまかし

気になっている子の連絡先を聞かなかった

困る男性

これまた大失敗です。

というか、合コンに何しに来たの?ってかんじです。

3対3の合コンでした。自分の対角に座っている子がかわいくて気になっていました。

しかし、なかなか会話をすることができず合コンは終わってしまいました。

その合コンはほぼ初対面の先輩が主催ということもあり、かなり気を使ってしまいました。

合コンが終わって店を出た後も自分から声をかけることもできずに終わりました。

今思うと思い切って声をかければよかったと思いますが、残念です。

合コンでは勇気がいる時があります、自分から話かけたり、連絡先を聞いたりする時です。

失敗してもいいのです。

その時は人生の終わりぐらい凹みますが、後で考えると笑えてきます。

「失敗してもネタができるだけ!」と割り切って勇気を出しましょう。

自分の好みの子がいなくて話さない

落ち込む男性

これは失敗というか、失礼です。

しかも、その時はお会計で男性陣が多く払ったのですが、かなりしぶしぶお金を出しました。

今考えると、女性陣も楽しくなかったかもしれません。

彼女になる人はできないかもしれませんが、ただの飲み会と割り切ることが大事です。

といっても、その時の凹み方はすごいのですが。

こういう時は次の合コンに向けてのトーク練習と考えましょう。

私も家に帰って泣きたいくらいの合コンが何回もありました。

何で高いお金を払って何時間も過ごしたんだろうと、次の日も2日酔ですし。

しかし、そういう会は絶対にあります。

こればっかりは、女性の幹事を責める訳にはいきません。

誰も悪くないのです。心と体のトレーニングなのです。

合コンを失敗しないためのポイント

ポイント

楽しい合コンにするためには、自分の努力だけではどうしようもない時があります。

自分が幹事の時は、信頼できる女性に幹事をしてもらいましょう。

信頼できるとは、その人の性格もありますが楽しんでくれそうな女性を呼んでくれるかです。

嫌々参加している人がいると、男性側としてもかなり疲れます。

男性幹事と女性幹事が合コンの成功を握っていると言えるので、経験を積んで信頼できる女性幹事を見つけましょう。

そのためにも、この人はいい!信頼できる!と思えば一次会は全て男性が出すぐらいの投資をするべきです。

そうすれば、次回も合コンをセッティングしてくれるかもしれません。

やはり楽しい思いをするためには投資をすることが大切です。

私は信頼できる女性幹事を3人ほどと仲良くすることができました。

そうなれば高い確率で楽しい合コンをすることができます。楽しい合コンこそが成功への近道です。

地道に経験を重ねていって彼女や将来の結婚相手を見つけてください!

悩めるサラリーマン
みんな失敗を重ねて強くなるんすね!
管理人ヒロ さん
そう!成功するのは10回のうち1、2回だ。頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください