上司が嫌すぎて仕事に行きたくない場合の対処法

困る男性

どうもヒロです。

皆さん日頃のお勤めご苦労様です。とにかく暑いですね、仕事を無理に頑張らず、休憩を十分とりながら体力温存に努めてください。

ところで、仕事行きたくない理由の大半は職場の人間関係です。

あなたはどうでしょうか?

仕事がしんどくても人間関係がよいとなんとかやっていけるかもしれません。

しかし、仕事も辛くて人間関係も悪いときついです。特に上司との関係が悪いとさらに苦しいと思います。

今回は上司が嫌で仕事行きたくない場合の効果的な対応方法を私の経験を踏まえまとめたいと思います。

上司で消耗するのはホント人生無駄にしてますから、早く状況を打破しましょう。

上司が嫌な場合は部署異動を申し出る

サラリーマン

まずは嫌な上司から離れましょう。これが問題を根本から解決する唯一の手段です。

部署異動の申し出はできるだけ偉い人にすることが効果的です。どんなに嫌な会社でも、役職が上がるにつれ、多少は聞き分けがよくなるものです。

私の経験上、係長、課長あたりはくせ者が多いいので、部長クラスとお話しすることをオススメします。

間違っても同じ課内の上司に話さないことです。確実に申し出を却下されます。

上司からすると、課内で問題があることを上に知られたくないので、あなたを説得にかかるでしょう。

とにかく話がこじれるので説得には乗らないことです。

部長クラスから、その上司に指導してもらうのが一番効果的です。

上司に理不尽なことを言われたらきちんと反論する

怒る男性

嫌な上司の特徴としては、自分に余裕がないので、部下のフォローに手が回っていません。

なので、口ばかりに間に合わせろ、なんとかしろを連呼します。そして、部下がミスをすると何も聞かずに怒鳴り散らします。

怒鳴れば部下が萎縮して、どんどん仕事が遅れることを分かっていないのです。

そして、部下が反論してこないだろうと思いこんでいます。

そして、対応として効果的なのが、反論することです。

かなり泡を吹くと思いますよ。あと、電話に出ないなども効果的です

上司に何か言われる前にすぐに終わらておく

サラリーマン

無理な上司とは必要最低限の会話にしましょう。

相談に行くなどはおススメしません。いいアドバイスをもらえることはあまりないでしょう。

そして、本人は言ったことすら忘れているので言われた通りにすると、また別のことを言われたりします。

とにかく、自分ですぐに終わらせてしまうことが大事です。

そして、相談したいときは人を選びましょう。話しが分かる人(特にその上司が認めている人)と相談して結論を出しましょう。

上司には、こうやって終わらせましたと完了報告だけしましょう。

意味のない会話は消耗するだけですので絶対にやめてください。

仕事行きたくない時はいつでも転職できる準備をしておく

サラリーマン

辞めたいと思う時は突然訪れます。私も今までは本気で辞めたいと思ったことはあまりなかったのですが、去年は突然本気で辞めたいと思い、転職サイトに登録しました。

しかし、自分でほとんど転職について下調べしていなかったので、かなりあわてました。

自分に余裕がない時にばたばた準備しても転職活動がうまくいくはずはありません。自分の市場価値がわからずに、給料の交渉ができるはずもありません、

自分に余力がある時に、準備しておくことがとても大事です。

仕事ができない上司は残念ながら自分をできない人とは思っていません。むしろ面倒見がいい、できる上司と自分を勘違いしています。

そんな人と関わって消耗するだけ時間の無駄です。

相手が変わることに期待せず、自分を有利なポジションに置きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください