うつ病になった私がメンタルを回復させた方法

サラリーマン

どうもヒロです。

あなたなうつ病になったことはありますか?

うつ病と診断されなくとも、気分が落ち込んでいる方は多いでしょう。

私は1年前、仕事が原因でうつ病になりました。

現在も通院していますが、ほぼ回復して普通に仕事をしています。

今回はうつ病になった私が、メンタルを回復することができた方法をまとめました。

うつ病の時の思考

悩む男性

うつ病の時は「仕事行きたくない」とばかり思っており、仕事と向き合えていませんでした。

仕事を始めても、なかなか仕事に集中することができずに、だらだらと残業をしていたのです。

すると会社にいる時間が増え、集中していないのでミスも多くなり、上司からもよく怒られていました。

ストレスの原因は仕事なのですが、仕事から逃げれば逃げるだけ、仕事に追われてストレスが溜まっていきます。

仕事を早く終わらせる思考に変える

パソコン

私はこれではマズイと思い、逆に仕事を早く終わらせようと思いました。

これには2つのプラス要素があります。

仕事に集中する

お笑い芸人の小藪さんもメンタル不調になった時期があったそうです。

その状態は、デパートを育てる携帯アプリゲームをやることで、抜けることができたのです。それまでゲームをやったことはなかったのですが、とりあえずこのデパートを大きくしなければいけない、という目の前の使命がでかた。ほんとうにつまらないことですけど、そんなことに集中していたら、うまくトンネルを抜けることができたのです。

PHP healtn9月増刊号より

このように、小藪さんの場合はゲームに熱中することが、精神を安定させるポイントになったのです。

私の場合は嫌々やっていた仕事に集中することが、メンタルを安定させる方法だったのです。

現実を受け止める

作家の佐藤愛子さんは夫の会社が倒産し、うつ病になりました。

そこで整体の先生にこのようなアドバイスをもらったのです。

「佐藤さん、苦しいことがきた時、逃げようとすればもっと苦しくなりますよ。苦難は逃げないで受け止める方がらくなんです」

PHP healtn9月増刊号より

そして、佐藤さんは現実を受け止めて、なんと直木賞作家になったのです。

私は今までは現実をうまく受け止めきれていませんでした。

仕事がうまくいかない現実から目を背けていたのです。そうなると、問題を対処することが難しくなります。

問題を真正面から受け止めることは勇気がいりますが、きちんと受け止めると問題の本質が見えてきます。

問題から逃げれば逃げるだけ問題を解決をするのが先送りになります。

小さな問題でも対処するのが遅くなると、大きなトラブルに繋がります。

とにかく問題が起きたらすぐに対応して解決しておく。

すると、ストレスをあまり溜めることなく仕事をすることができるのです。

上司のせいにする

お手上げのサラリーマン

今までの私は仕事を一人で頑張っていました。上司はいつも意味不明なことを言うので頼りにしていませんでした。

メールのCcに上司をいれてもいませんでした。

しかし、最近は細かく上司に報告をします。そして失敗した時は全て上司のせいにしています。

平社員のいい所は上司に責任を取ってもらえることです。

一人で頑張るのはいいことですが、失敗した時のリスクが大きすぎます。

さすがに上司も状況を把握していないので、フォローすることもできません。

今はメールのCcに上司を入れていますし、方向性に迷ったら上司に相談をして決めてもらいます。

人によっては「それは無責任だ!」と思う方もいるでしょう。

でも上司はなんで上司なのでしょうか?給料が部下よりも高いのは、責任を取るべきポジションだからです。

平社員の方は、自分の仕事の失敗は全て上司の責任にしましょう。そうできるように仕事を進めていきましょう。

どうしょうもないなら休む

休む女性

しかし、それでも受け止めきれない場合があります。

そこまでいくと限界です。うだうだ考えずに休みましょう。

精神的に追い込まれる人は責任感が強いので、なかなか休もうとしません。

しかし、あなたが会社を休むのは会社のせいなのです。

あなたは何も悪くありません。むしろ、ここまで頑張った自分も褒めてあげましょう。

まとめ

男性

私は現実を受け止め、集中して仕事をすることでメンタルを回復させることができました。

何かに集中していると、いつの間にか嫌なことは過ぎ去るものです。

今の現実をネガティブにとらえて何も動かないと、どんどん追い込まれていきます。

ここは勇気を出して一歩踏み出しましょう。視界が少しずつ開けるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください