少子化問題の原因と対策を少しまじめに考えてみた

子ども

どうも、ヒロです。

みなさんは「少子化問題」についてどのようにお考えでしょうか?

この問題は決して他人ごとではありません。ちょっとまじめに考えてみました。

独身男性サラリーマンの目線

サラリーマン

ここからは、色々な人をシュミレーションして考えてみたいと思います。

Aさん
年齢32歳
独身
正社員で年収450万円

Aさんは大手メーカーの正社員として働いていますが、最近は手取りが全く増えていません。

基本給は毎年5,000円ほど増えているのにです。理由は年金や社会保険料が年々増加しているからです。

Aさんは給与明細を見るたびに、「なんでこんなに控除されているんだ」と腹を立てています。

自分はいくら頑張っても国に税金として持っていかれるだけ、働くだけ無駄だなと思い出します。

入社した時は、この会社で頑張ろうと思ったものの、こうも給料が増えないとやる気も出ません。

結婚したいと思いながらも、貯金もなかなか増えません。ましてや自分が結婚して家族を養うなんて無理じゃないかと思っています。

しかも最近では結婚した3人に1人は離婚していると言うではありませんか。

この給料でも独身だと余裕のある生活ができます。自分から厳しい道を歩む必要なんかないとAさんは思いました。

独身女性サラリーマンBさんの目線

女性

Aさん
年齢30歳
独身
派遣社員で年収300万円

Bさんはあるメーカーの派遣事務員として働いています。Aさんと同じく、ここ最近は働いても年収は上がりません。

年齢も30歳になり、そろそろ結婚しないとヤバイと思っています。しかし、周りの年収の高い男性はすでに結婚をしています。

Bさんは自分で言うのもなんですが、特別に美人という訳ではありません。

残念ながら、年収の高い男性は「美人」な女性と結婚をしているようです。Aさんは自分のハードルを下げようとします。

しかし、周りには目ぼしい男性はいません。自分が働いている会社でも数少ない正社員はみんな結婚をしていています。

派遣や期間従業員の人は多いのですが、そうなると正直なところ、将来が不安です。

自分も派遣社員から正社員になろうと頑張っているのですが、現実は甘くはありません。

なんとか更新が切れないように業務を頑張るしかありません。

とはいえ、実は今の生活にそんなに不満がないのも現実です。SNSのサロンやフェイスブックで友達を作って、自分の好きなことができているからです。

結婚してもただ忙しくなるだけ。自分のやりたいことを優先させようと考えるBさんでした。

少子化問題の原因

子どもの手

手取り年収の減少による負のスパイラル

この2つの事例に潜んでいる大きな問題はこれです。

・手取り年収の減少→結婚して生活する資金がない→結婚しない

そして、手取り年収が減少すると、このようなパターンにも陥ります。

・手取り年収の減少→晩婚化→子どもができない

・手取り年収の減少→共働き→保育園問題→子どもが産めない

・手取り年収の減少→共働き→夫婦のすれ違い→離婚

これらのどれをとっても深刻な問題です。しかし、全ては手取り年収が下がっていることにあります。

私の会社の例

私は地元の大手自動車メーカーで働いています。30歳で年収はおよそ600万円です。

共働きの家庭は少なく、その多くは専業主婦です。

私が働いている会社では、ほぼ100%が結婚をして子どもがいます。

これは単純に年収がそこそこあり、福利厚生がしっかりしているからです。

年収600万円あれば、なんとか子ども2人を養っていけます。

そして転勤もないため、家を買う人も多いです。まさにひと昔前のバブル時代のような会社なのです。

このように生活基盤が安定していると状況は一変します。結局のところはお金に余裕がないと結婚して子どもを産もうと思わないのです。

手取り年収を上げるためには

お金

極端な話、みんながお金持ちになれば少子化問題なんてすぐに解決します。

日本には「お金を稼ぐなんて卑しい」と思う風潮がありますが、それは全くの間違いです。

お金があると多くのものを救うことができます。

手取り年収を個人的に上げるためには、副業を推進するしかありません。

会社で頑張っても税金が上がるだけです。給料が上がって責任が増えて、いいことはありません。

会社以外で稼げる力をつければ、収入が倍増します。そしてその余裕資金で結婚したり、子どもを育てることができます。

副業は本気で取り組んでいる人が少ないですが、稼ぐ手段は色々あります。

このブログも副業の一つです。早く自分の得意分野を見つけて始めてください。その一歩が将来を明るく照らします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください