好きな人にリベンジ告白して「成功する秘訣」を体験談から語る

告白

どうもヒロです。

あなたは好きな異性に告白したことはありますか?

もしかしたら、告白してフラれて諦めているかもしれません。

しかし、まだ諦めてはいけません、なぜならあなたにはリベンジ告白のチャンスが残されているからです

管理人のリベンジ告白

高校生

私は高校2年生の時のクラスメイトの女子を好きになり、告白をしました。

しかし、結果はフラれてしまいました。

それでも諦めきれずに高校3年生になってリベンジ告白をしました。

するとリベンジが成功して付き合うことになりました。

今回は私の経験からリベンジ告白が成功する秘訣をまとめてみました。

リベンジ告白 虎の巻

チェックリスト

一途に思い続けるべし

これはリベンジ告白成功の大前提です。例えば1回目フラれて、別の女性に告白をしてはいけません。

「いや、そんなの当たり前でしょ」と思われる方もいるでしょうが、これが意外と難しいのです。

学生の頃は少なからず「誰でもいいから付き合いたい願望」があります。

フラれたショックで別の女性にアタックしがちです。

しかし、それは本命の女性を諦めるということです。

1回目に失敗しても、その好きだという思いをずっと持ち続けましょう。

女子のネットワークは凄いので、こっそり他の女子と付き合ってもすぐにバレてしまいます。やめておきましょう。

友達に援護してもらうべし

私がフラれたAさんは弓道部の女子でした。

私は弓道部の女子や男子とも同じクラスで仲良くしていました。

そして、その友達が私を援護してくれたのです。

例えばAさんと仲の良いBさんが直接Aさんに「なんでフったの?私はもったいないと思うけど」などを話してくれていたのです。

私も後々聞きましたが、そういった会話を通して私を意識させると共に、株を上げていてくれたのです。

特に女子を味方につけるとかなり心強いです。

告白を成功させるには、周りの友達から攻めろ」これが鉄則です。

期間を半年以上空けるべし

期間を空けずにリベンジしても、ただ失敗するだけです。

なぜならあなたに対して悪いイメージが残っているからです。

しかし、告白して時間がたてば彼女の気持ちは変わります。

フった女子からすると「この人、まだ自分のことを思ってくれてるんだ」と思うからです。

半年も時間をおけば、1回目の告白はリセットされます。

さらに、この半年間の思いをさらに上乗せすることができるのです。

女性にとっても一途に思われることを悪くは思いません。

しっかりと半年間思い続けることで、リベンジ告白の成功率はぐっと上がります。

アピール材料を作っておくべし

リベンジ告白をさらに成功に導くには、自身のレベルアップが不可欠です。

例えば高校生であれば、勉強を頑張ってクラスで一番になる、部活の大会で優勝する、体育祭などのイベントを頑張るなどです。

社会人であれば、年収を上げることも効果的でしょう。

もし可能であれば、フラれた女性の友達から「なんでフラれたのか」情報収集しましょう。

そうすればリベンジ告白までの時間を有効に使うことができます。

私は高校のイベントのクラスマッチで大活躍してアピールをしました。

リベンジ告白のベストなタイミングは?

注意点

タイミングは半年〜1年がベストです。

その中で、自分がいけると思ったタイミングでリベンジ告白しましょう。

1年以上も空けてしまうと、相手に彼氏ができてもおかしくありません。

自分磨きなど、彼女に対するアピール材料がそろってから告白するのがベストです。

また私の場合はフラれたAさんの友達が「今ならいけるぞ!」と教えてくれたタイミングでリベンジ告白しました。

まとめ

ポイント

リベンジ告白は「友達、自分磨き、タイミング」の三拍子そろうと成功率がグンと上がります。

リベンジ告白したいとまで思う人は一生の内に現れるかどうか分かりません。

だって普通はフラれたら諦めますもんね。あなたがリベンジしたいと思うこと自体素晴らしいことなのです。

あなたのリベンジ告白が成功することを切に願います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください