30代の男子に漫画「嘘喰い」をおすすめする理由

漫画

どうもヒロです。

あなたは漫画の「嘘喰い(うそぐい)」を読んだことはありますか?

私は33歳のおっさんサラリーマンですが、この漫画にどハマりしました。

日々頑張って働いているサラリーマンのストレス解消にオススメの漫画です。

嘘喰いとは

本

作者は稔雄(さことしお)です。「あひるの空」の日向武史のアシスタントをしていたようです。

週刊ヤングジャンプ に2006年から2018年まで連載されていました。

コミックは全部で49巻、累計発行部数は535万部です。

漫画のジャンル

漫画のジャンルは「金・ギャンブル・ゲーム・バトル」です。

まさに男子の好きなものを全部詰め込んだ漫画なのです。

例えばライアーゲームは、そのほとんどがゲームでバトルの要素はありません。

しかし、嘘喰いでは「ゲームを公平に取り仕切るため」には「力」が必要だとされています。

ゲームを取り仕切る賭郎(かけろう)も強すぎですし、他にもヤバい人が多く登場します。

30代の男子におすすめする理由

サラリーマン

この漫画は主人公の斑目漠が、社会を裏でコントロールしている賭郎のトップを狙う話です。

知略ゲームが面白い

嘘喰いでは、主人公が敵とゲームで勝負をします。そのゲームが秀逸すぎで、とにかくのめり込んでしまうのです。

例えば巨大な迷宮(部屋がいくつもあり、ゴールの部屋を目指すゲーム)を使ったゲームが出てきます。

敵も同じゲームに参加しており、鉢合わせをしたらバトル開始なので、スリルもあります。

さらに、この迷宮が警視庁の地下にあるのです。設定もなかなか面白いです。

また、身近なゲームをアレンジしたりします。「あっちむいてほい」をアレンジした総取りゲームは普通にやれそうで面白いです。

ここでは紹介しきれないようなゲームがたくさん出てきます。

そして、「明らかな運勝負だ」と思えるゲームでも、それを100%勝ちに持っていく主人公にいつも驚かされるのです。

強キャラが出すぎ

嘘喰いのバトルは激しめです。グラップラー刃牙ほどではありませんが、それに近いものがあります。

現実にありそうだけど、まぁないだろうなというレベルの闘いです。

しかし、そこに出てくるキャラクターのキャラが立ちすぎているのです。

男であれば、だれしも強い人に憧れるはずです。

例えば、ゲームを仕切る賭郎はみんなパリッとスーツを着ています。しかし、めちゃ強いのです。

しかも賭郎で最強の人は髭がダンディーなおじさんなのです。

また敵には明らかにヤバそうなやつばかりが出てきます。細かいゲームは分からなくても、バトル要素だけでも見応えはあります。

後味が悪くならない漫画

嘘喰いではがたくさん出てきます。もちろん、明らかな悪者は残念な終わり方になります。

しかし、敵が救えそうだったり、もともと利用されていただけだと、基本おとがめなしです。

嘘喰いではゲームやバトルの敗者の人に応じてその代償を調整しているのです。

なのであまり後味が悪くならず読み進めることができます。

大逆転の展開が面白い

嘘喰いでは「これはもう終わったでしょ」と思うような展開がよくあります。

しかし、その大ピンチの展開までも主人公が用意していた流れなのです。

「えっ?まじでここまで考えてたの?」とびっくりです。

そのトリックに気づくことは私は不可能でした。もちろん作中にヒントはありますので、見返すこともできます。

このハラハラドキドキの展開はこの漫画の大きな魅力です。

まとめ

本

30代の男子はそこそこ社会の厳しさを理解しています。

まさにこの嘘喰いは「強い者が勝つ」を具現化したような漫画です。

社会でもある程度は強くないと生きていけないことを30代は理解しているので、作風に共感するのです。

また、分析好きな男子にとって、この漫画のゲームは面白すぎです。

さらにバトルの要素も入っています。

まさに男子が好きなものを全部詰め込んだ漫画なのです。

ぜひ時間がある時に読んでください、全部で49巻ありますが、読みやすい漫画なのですぐに読み終わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください