自動車に実際かかった維持費を計算してみた

どーも管理人の「ヒロ」です。

今日は休みです。最高です。

午前中は子どもの検査があり、大学病院に行っていました。とりあえず異常なく無事に帰宅しました。

平日とは違い、なんと有意義な1日なのでしょうか。仕事の日は出社ぎりぎりまで寝るのですが、今日はテンション上がっていたのか5時に目が覚めてしまいました。

一刻も早くサラリーマンを脱出し、エネルギーに満ちた毎日を送りたいと思います。

ということで、本題です。サラリーマンを脱するためには普段の生活ををローコスト体質にする必要があります。

今のところ順調にきていますが、我が家は車を1台所有しています。

会社が車でしか行けない山奥にあるのでどうしようもありません。

しかも系列メーカーの車しか交通費を出さないのです。車に実際どれだけの費用がかかるのか検証してみたいと思います。

私の9年間の自動車維持費です

お金

私はトヨタのVitsを新車で2009年に購入したので、丸9年間乗っていることになります。走行距離は85,000kmです。車検は3回通しています。通勤で往復15kmの距離を走行しています。年費はおよそ13km/Lです。

実際にかかった費用を計算していきます。ガソリン代の単価は130円/Lとします。千円単位を四捨五入。

車本体費用:130万円

ガソリン代(通勤除く):52万円

車検代:36万円(12万円×3回)

自動車税:26万円(29,500×9年)

定期点検代:9万円(1万円×9回)

自動車保険代:4万円(4,000円×9年)

タイヤ交換代:6万円(3万円×2回)

バッテリー交換代:4万円(2万円×2回)

その他消耗品代(オイル、エレメント等):10万円

本体費込の合計277万円 (31万円/年)

本体費除く合計147万円 (16万円/年)

自動車を持つだけで、年16万円もかかるとは驚きです。実際は高速代や洗車代なども入れるともう少しかかるのかもしれません。

私の場合、排気量1LのVitsだからまだ自動車税が安くすんでいます。

自動車税は1Lを超えるごとに約5,000円上乗せされていき2L超えだと45,000円にもなります。なんで自動車を持つだけで税金がかかるのか理解できません。

しかし自動車を購入する際はこうしたランニングコストも十分に検討した上で決めないと後々痛い目にあいます。

自動車ディーラーで部品交換はやめたほうがいい理由

ポイント

つい先日、1年毎の法定点検に行きました。

しかもただ点検するだけで、部品交換をすすめてくるだけです。私はしぶしぶディーラーで法定点検を受けにいきました。今思うとオートバックスでもよかったと後悔をしています。

そこで、タイヤの交換とバッテリーの交換をすすめられました。

タイヤは摩耗限界が1.6mmということでしたが、現在2.5mmとのこと。

いや、あと1mmぐらいあるから頑張ろうということで、交換を断りました。

ちなみに車検時にタイヤの溝が見た目で減っていると実測され、溝が1.6mm以下だと車検に通らないようです。

しかも運悪く警察に見つかり、整備不良とみなされた場合は2点の減点と、普通車の場合は9,000円の罰金となるようです。

なので作戦としては、ぎりぎりを攻めつつ車検直前に交換をしようと思います。スリップサインには要注意です。

そして、ここからが問題なのですが、ディーラーにすすめられたタイヤが4本合計38,000円、技術料4,300円でした。Vitsは165/70R14ですが、高くない?ということで調べて見ました。

価格.comで見ると1本10,000はまず見当たりません。平均して5,000円程でした。

そして、よくよくすすめられたタイヤを調べると「GOOD YEARのEG01」というモデルだったのですが、なんとアマゾンで29,000円で売られていました。

平均のモデルだと18,000円の差額です。

みなさん、ディーラーの言うことを真に受けてはだめですよ。

ちなみに技術料はオートバックスでも1本1,000円~となっていたので、ディーラーと大差はありませんでした。

続いてバッテリーの交換もすすめられました。すすめられたバッテリーは50B24の本体26,000円、技術料1,000円となっていました。

こちらも調べてみることにしました。

同サイズでは安いもので9,800円、高くても20,000円でした。15,000円も差額があります。そして、技術料ですがオートバックスは500円でやってくれるようです。

ということで、最大33,000円もの差額になることが分かりました。

どんだけ最上級グレードかつ上乗せ料金なんでしょうか。なかなか驚きです。

ということで車の消耗品などは可能な限り自分で調べて交換をしましょう。常識にとらわれずに、疑いの目を持つことが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください