上司が無茶振りする原因と対処法

男性

どうもヒロです。

みなさん、上司から無茶振りされたことはありませんか?

悩めるサラリーマン
はい、今までに何度も経験があります。対応にいつも困っています。

上司の無茶振りに耐えながら仕事をしている方も多いでしょう。一緒に解決方法を探っていきましょう。

上司が無茶振りする原因

困るサラリーマン

部下の負荷を把握していない

上司は部下の業務負荷を管理することが仕事です。

私の会社では部下の業務管理をできていない上司がたくさんいます。

前の上司は私が残業を80時間もしているのに、さらに仕事を与えてきました。残業をどのくらいしているかさえ把握していないこともありました。

私がその上司にもう無理ですと伝えると、「なんで無理なのか分かるようにしてくれ」と言われました。これはもう業務放棄でしかありません。

せめて部下の業務負荷ぐらいは把握しておいてほしいものです。

自分で仕事を抱え込む

無茶振りとは納期の直前に仕事を渡されることです。

あなたも「もっと前に言ってよ」と思ったことはないでしょうか?

私の前の上司はとにかく仕事を抱え込む人でした。おそらく仕事を部下に頼むことが恥ずかしいと思っているのでしょうか。自分でどうしようもなくなってから仕事を渡してきます。

しかもタチが悪いのが、仕事を渡しておきながら納期に間に合わないと部下の責任にすることです。

その上司は年に1回ある、職場アンケートの結果が悪すぎて別の部署に異動させられていました。

納期を意識していない

仕事は必ず「納期」があります。私の個人的な意見ですが、納期が第一で完成度はその次だと思います。

私は教育のレポートを提出期限の1週間前に上司(課長)見せました。

それまで係長に見せてオッケーをもらっていたので、修正があっても2、3日で直せると思っていました。

しかし、その上司はなんと全部やり直しと言い出したのです。これは明らかに納期を意識していない無茶振りです。

どうも自分が気に入らないストーリーになっていたらしく、私の説明さえ聞かずにやり直しをさせられました。

納期に間に合わないです。と私が言ったところ、それはあなたの責任なので知らないと言われました。人を疑ってしまうかのような発言です。

結果、レポートの納期に間に合わずに人事に連絡することになりました。

仕事量を分かっていない

仕事をお願いする方は「おそらくこれぐらいで終わる」と考えて仕事をお願いします。

しかし、それが予想よりも負荷が高いと無茶振りになります。上司は細かな業務を把握していないことが多いです。

上司はマネジメントが仕事なので、今の部下達がやっている実際の仕事がどんなに大変なのかを自分のモノサシで測ることができないのです。

よく上司からは「すぐできるだろ」と言われます。確かに一見やれそうな気がしますが、実際に取り組んでみると思いのほか時間がかかることがあります。あなたもよくありませんか?

上司がバリバリ仕事をしていた時とは仕事の種類、やり方が変わっているのです。

無茶振りの対応方法

考える男性

さらに上へ報告する

無茶振りはなかなか自分だけでは解決できまさん。

ここは権力がある人の力を借りましょう。私は係長の無茶振りがひどかった時は課長に相談をしました。

無茶振りをする人はもちろん、仕事を受けてくれそうな人にお願いをするのです。この場合は本人ではなくて、さらに上から伝えてもらうと効果があります。

基本、無茶振りをする上司は人の話を聞きません。反論したとしても、無理やり仕事を入れてくるでしょう。

あまり自分で抱え込まずにさらにその上の上司に頼りましょう。

理由をつけて断る

これが最もスタンダードな方法かと思います。先ほど、上司は部下の仕事を把握していないと言いましたが、とにかく自分の今やっている仕事を説明しましょう。

この説明すらも不毛なやり取りなのですが、仕方がありません。ここで、他の人の名前を出すのはやめましょう。職場の人間関係が悪くなるだけです。

上司も仕事を渡す時は「すぐ終わる仕事だ」と言ってくるでしょうが、それは嘘です。

そうでもしないと仕事を受けてもらえないから言っているだけです。信じないようにしてください。

仕事を早く終わらせない

サラリーマンの残念なところは、周りよりも仕事をしても給料が変わらないことです。これは裏を返せば仕事をすればするだけ仕事が増えることにならます。

無茶振りする上司はまず仕事がさばけそうな人に声をかけるでしょう。そんな時に仕事がほぼ終わっていれば、無茶振りを受けなくてはいけなくなります。とにかく、仕事を頑張りすぎないことです。

仕事を頑張りすぎると、どんどん仕事が増え休める時間もなくなるでしょう。

私の会社にもあの人ならやってくれそう、という人がいますが、いつも忙しそうにさています。そしてマイペースで仕事をする人はいつまでもマイペースなのです。

これは残念ながら日本の会社の現実ではないでしょうか。あなたも無茶振りされないように気をつけて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください