「お前には期待してる」と言う上司はかなりヤバい話

会議

どうもヒロです。

私は自動車メーカーの技術職の9年目です。

私の上司の口癖は「お前には期待してるよ」です。この言葉を言う上司はかなり危険ですので、十分にご注意ください。

「期待してる」と言う上司がやばい理由

お手上げのサラリーマン

上司は自分のことしか考えてない

「お前には期待してるよ」と聞いて、「俺は期待されてるから頑張らないと」と思う人はかなりヤバいです。はっきり言って洗脳されてます。

上司の仕事はただ部下を働かせることです。そして、その部下の働きは上司の査定につながります。

本当にその社員に期待しているなら、わざわざ本人にそれを伝える必要はありません。

部下もそんな言葉を聞かずとも、自分の立場は理解しているのです。

無茶振りする理由として使う

私の例です。ある企画の予定を立てていましたが、どう考えても完成まで半年はかかる企画でした。

それを上司に説明すると、「3ヶ月でやり切れ」と言ってきたのです。

私は「それは無理です」と言いました。

すると上司は「お前に期待してるんだ、ここで力をつけて欲しいと思ってる」と言ったのです。

これはまったくの嘘です。

実はこの3ヶ月はちょうど年度締めの時期でした。これまでまったく成果が出ていない上司は焦っていました。そこでなんとか年度内に自分の手柄を立てたかったのです。魂胆は見え見えでした。

私は「そんな理由で無理な仕事をしたくありません」と断りました。すると、めでたく異動させられました。んー笑えません。

このように、上司は部下をコントロールするために「お前には期待している」と言うのです。卑怯すぎです。

頑張らせて評価は上げない

私は33歳ですが、ここ数年はほとんど給料が上がっていません。

次に給料が上がるのは係長に昇進するしかないのです。(前は段階的に給料が上がっていましたが、無くなりました)。

そして上司は私の妻が専業主婦であり、生活が苦しいことも知っています。

私の弱みにつけ込んでは「昇進させてやるから頑張れ」と言ってくるのです。

これって脅しじゃないですか?

そして今年は頑張りました。無茶振りにもなんとか応えたのでした。

さすがに評価上げるだろうと思い、上司に聞いたところ「評価は上げられない」と言われました。

今まで上司の無茶振りにも耐えて仕事をしてきましたが、もう限界です。

上司に期待するとロクなことはない

上司から「お前には期待してるよ」と部下が普通に聞けば「頑張れば、上司が評価してくれて給料が上がる」と普通は考えるでしょう。

しかし、それは大きな間違いなのです。

上司にそんな器量はありません。ただの嘘つきです。

上司がどれだけ否定しようとも、評価を上げられないのであれば、頑張れとも言うべきではありません。

上司の理想はそんな嘘は言わずに、部下が成果を上げられる仕組みを作ったり、サポートをすることです。

そして、実際に部下の評価を上げた後に「評価上がったから」とだけ言うのです。

こんな器量のある上司はまぁいませんが・・・。

よく上司に恵まれないと言いますが、私の場合は他人と比べてもかなり酷いです。

上司を選べないことが最大のリスク

サラリーマン

サラリーマンは上司を選べないことが最大のリスクです。

上司が最悪だと、仕事に行くことすら嫌になります。さらに評価が上がらないので、給料も上がりません。普通に考えて終わっています。

私は出向先では上司に恵まれ、何度か表彰してもらいました。

そんなことと比べても仕方がないのですが、それにしても環境が悪すぎます。

上司との向き合い方

まず上司はいい影響を与えないと認識しましょう。プラスはまずないです。プラマイゼロでもまだマシです。

基本的には口だけ、変なことを言って場を混乱させる。期待してると言って、まったく評価しないです。

私のグループのメンバーはほとんど評価が上がっていません。その中には明らかに優秀な人もいるのにです。

上司の言うことは、ほぼ無視で大丈夫です。なぜなら、本人は何を言ったかも覚えてないのですから。

大手と言われる自動車メーカーでもこんなことが当たり前です。こんな中身のメーカーが生き残ることができるでしょうか。いつまで持つのかは、時間の問題ですね。

あなたの周りに「お前には期待してるわ」と平気で言う上司はいませんか?

そんな上司はかなり危険です。できるだけ近づかないことを強くおすすめします。

でわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください