「マンガでよくわかる アドラー流子育て」を読んだ学び

本

どうも、ヒロです。

今回は宮本秀明著「マンガでよくわかる アドラー流子育て」の書籍レビューです。

最近は「嫌われる勇気」や「幸せになる勇気」で脚光を浴びているアドラー心理学です。

アドラーは「実践できる心理学」として、アドラー心理学を広めてきました。

そして、その実践とは「子育て」にも適応することができます。この本はアドラー心理学をどのように子育てに使うのかを分かりやすくまとめています。

お子さんがいる方はもちろん、子どもと接する機会のある方にはオススメの本です。

褒めない、叱らない

育児

アドラー心理学では賞罰を与えることを認めていません。

子育てでは「叱るか、褒めるか」どちらかの議論になります。そして、最近では叱ることはよくない、褒めて伸ばそうという考えが一般的です。

アドラー心理学では子育てにより「子どもの自立」を目的としています。

そして、賞罰を与えることは親が子どもの目先の行動に反応しているだけとして否定しています。

子どの行動の目的は、親に注目してもらいたいということです。

子どもは悪さをすれば親に注目をしてもえると考えるのです(例えそれが怒られようとも)。

なので、叱ることは子どもの悪さをさらにエスカレートするだけなので、意味はありません。

子どもはただ注目してほしいだけなので、子どもに「そんなことをしなくても、あなたに注目している」と伝えればいいのです。

それにはいいことをしている時に子どもに注目すればいいのです。叱ることは不要です。

次に褒めることですが、褒めるとはアドラー心理学では「競争を助長する」としています。

あなたも経験はないでしょうか?

誰かに褒めてもらいたいために頑張ったことはないでしょうか?

しかし、それは目的が「褒められること」になってしまいます。

そして、褒められることを目的とすると、他の誰かよりも優れようとします。

アドラー心理学では「競争」をよしとしていません。競争は上下関係を生み出します。

本当の幸せとは上下関係ではなく、横のつながりなのです。

子どもと対等な関係(友人)で接する

育児

アドラー心理学では親と子どもは縦の関係ではなく、横の関係としています。

親は子どもを教える立場ではなく、子どもと対等な関係なのです。

私は今まで、子どもを育てなければいけないと思っていたので、この考えはかなり新鮮でした。

子どもを信頼し、勇気づけることで、子どもの自立を助けるのです。

「幸せな勇気」で青年は子どもの教育に対して悩んでいました。

哲人は青年が子どもに対して「信頼していない」ことを問題としていました。

まずは子どもを信頼しましょう。子どもが失敗しても見守り続けましょう。

そして、子どもを尊敬することが大事です。子どもを1人の人間として認めるのです。

大人はどうしても子どもを未熟なものとして考えがちですが、それは違います。

確かに大人ができることが、子どもはできなかったりします。しかし、それはまだ子どもが成長していないだけで、人間としての価値は大人も子どもも変わりません。

大人が偉いなんていうことはないのです。

私の子どもはまだ1歳ですが、すでに私よりもすごいなと思うことはあります。

よく遊ぶし、よく笑ってみんなを笑顔にしてくれます。

これは私にはなかなかできないことです。

子どもは自分を尊敬してくれる人には心を開いてくれます。まずは大人が子どもに心を開いて子どもを尊敬することから子育ては始まるのです。

課題の分離をする

子どもの勉強

アドラー心理学に頻繁に出てくる「課題の分離」を子育てに使います。

人生の悩みは全て「対人関係」です。そして、この対人関係をややこしくしているのは「自分と他人との課題を分離できていない」からです。

あなたにも経験はないでしょうか?

他人の課題を自分の課題のようにして関係が悪くなったり、その逆もあると思います。

子育てでは、この課題の分離が大事です。

例えば、「子どもが勉強をしない」ことは親の課題でしょうか?子どもの課題でしょうか?

課題の分離とは最終的に誰がその責任を負うか(それを放っておくと誰が最後に困るか)です。

この場合は、子どもが勉強をしないと、子どもが困ります。なので「子どもが勉強しない」ことは子どもの課題なのです。

ここで、親が「勉強しなさい」と子どもに言うのは、子どもの課題を親が親の課題として誤って認識してしまっているのです。

こうなると、子どもは勉強に対してどんな印象を持つでしょうか?

おそらく、「親が勉強をしないとうるさいから勉強をする」という発想になると思います。

こうなると子どもは勉強を自分の課題として認識しなくなります。

子どもの課題はあくまで子どもが対処すべきです。そして、どうしても子どもが困った時は親が助けてあげる。

間違っても親が子どもの課題をしないことです。

子育てをすると「子どもがやるよりも親がやる方が早い」と思うことはよくあります。

しかし、そこはぐっとこらえて「子どもの課題」として割り切りましょう。

そして課題の分離をすることが、子どもの自立につながるのです。

子育てでは、多くの問題が起きます。

しかし、感情で対応せずに、冷静に課題の分離をして対応していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください