自動車メーカーのリストラのリスクと対応策について

中年男性

どうもヒロです。

今回はトヨタ自動車社長の豊田章男社長の下記の発言についてです。

自動車メーカーで働く社員として、この発言について色々と考察してみました。

「雇用をずっと続けている企業、税金をずっと納めている企業に対して、(終身雇用の)インセンティブはあまりない」、「なかなか終身雇用を守っていくのは、難しい局面に入ってきたのではないか」

FNN.プライムの記事より引用

自動車メーカーをリストラされるリスク

悩む男性

終身雇用制度の撤廃とは、つまり「リストラ」をするということです。

トヨタ自動車は「リストラをしない」ことで有名ですが、その神話も崩れ去ろうとしています。

自動車メーカーの経験は他の業界では活かせない

自動車メーカーの業務は多岐に渡りますが、残念ながら今までの仕事を他の業界で活かすことはほとんどできません。

他のでもやっていけるのは設計や経理だけです。

これはなぜかというと、自動車メーカーの仕事はその会社に特化したものなのです。

私は技術職の生産技術部にいます。仕事としては、新車を作るために、工場の設備を新設したり改造する仕事です。

しかし、実際に図面を書いて工事を行うのは下請けのメーカーなのです。

自動車メーカー社員は簡易な仕様を決めて、その後は工場調整が主な仕事になります。

工事をする際にも社内で決められた手順があり、それにそって関係部署と調整をするのです。

これは自分の会社だけしか通用しないスキルであり、他の会社では全くやり方が違います。

仕事に汎用性が全くないのです。

現場の「おっちゃん」はどうなるのか?

自動車メーカーには現場で多くの従業員が車を作っています。

新卒は18歳で現場のラインに配属されます。しかし、その中には体力が衰えた高齢の方もいます。

その方は8時間(残業があれば10時間)も立ちっぱなしで車を作り続けることができません。

年齢を重ねるごとに昇進すれば管理職となり、ラインから離れられます。

しかし、役職がないと行き場を失ってしまうのです。

今まではそれでもなんとかポジションを確保して働いていました。

しかし、終身雇用制度が崩壊すると、真っ先に現場の高齢者はリストラのターゲットになります。

自動車メーカーでは「高齢者に優しい職場作り」を掲げていますが、次第にその活動自体がなくなるでしょう。

高い技術を持つ人が流動する職場になる

これは世界的に見ると当たり前のことです。

しかし、今の自動車メーカーは「会社内の対人能力」が高い人が昇進をしています。

例えば技術職でも現場との付き合いがうまい人が好まれて昇進します。

しかし、今後はそのスキルが評価されなくなります。

働く人がすぐに変わるので、いくら顔見知りになっても意味がないからです。

そして、生き残るのは高い技術力を持ったスタッフだけになります。

これには個人的もかなりの危機感があります。なんせ自動車メーカーの技術職は「なんちゃって技術職」だからです。

正直、私は電気回路すら読めません。

サラリーマン以外で稼ぐ力をつける

お金

国と企業は白旗宣言

とはいえ、終身雇用の崩壊はすぐ目の前です。国と企業が人を雇う力を失っていることは明らかです。

つまり、個人として国や企業に頼らなくても稼げる手段を作るしかないのです。

政府も副業を解禁していますが、これは国と企業の「ギブアップ宣言」です。

個人で稼がないとそろそろマズイ時期にきています。

自分のビジネスを構築する

副業で勘違いしてはいけないことは、副業=アルバイトではなく、副業=自分のビジネスだということです。

アルバイト的な副業を始めても、結局は日銭を稼ぐことしかできません。

しかし、自分のビジネスを始めれば、スキルを磨くこたができ、最終的に不労所得のモデルを作ることができます。

私はサラリーマンを頑張っても報われないし、個人で稼ぎたいと1年前からビジネスを実行しました。

しかし、結果は全くと言っていいほど出ていません。

サラリーマンだと当たり前のように毎月給料が振り込まれますが、自分のビジネスだとそうはいきません。

それだけ会社以外で稼ぐことは難しいのです。

しかし、今はサラリーマンとして日銭を稼ぎながら、自分のビジネスを少しでも始めておく。

そうすれば、いよいよ会社がマズくなったり、リストラされた時にも素早く対応できるようになります。

最後に・・・

男性

おそらく豊田社長の発言を聞いて焦りを感じた人は1%もいないでしょう。

私の職場でも話題にすらなっていません。

しかし、今行動に移さないと、ただ時代の流れに飲み込まれてしまうだけです。

自分の会社の仕事だけ頑張っても、リストラされたら意味はないのです。

とにかく自分の力だけで稼げるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください