1年間も検討した企画が一瞬で消えた話

セールス

どうもヒロです。

あなたは自動車メーカーに興味はありますか?

今回は私が2019年の1月から始めた企画が、このたび一瞬にして消えた話です。

なんで計画が消えたのか

お手上げのサラリーマン

効果が出ない企画だった

そもそも効果がない企画だったのです。

「えっ?そんな当たり前のことで?」と思うかもしれませんが、マジです。

自動車メーカーで企画を通すためには、企画を実際に行う投資に対して、効果がないといけません。当たり前です。

今回の企画を上司から渡された時、私は上司に「この企画って効果出せますか?」と聞きました。

すると上司は「頑張れ」とだけ言ったのです。

自動車メーカーの設備の企画のほとんどは省人です。人がやっている作業を設備などのロボットで自動化するのです。

しかし、今回はどう考えても人が減らせないのです。

私は真面目に検討しましたが、どう頑張っても3年で100万円ぐらいの効果しか出ませんでした。

根拠のない数字で進める

検討した結果を上司に持っていくと、上司は「まぁ数字は数字だからな」と言いました。

そして「現場が人を減らせると言ってるから、それで行こう」と言ったのです。

もちろん、そんなことは根拠のない数字です。

そして、案の定、予算を管理している部署からストップがかかりました。

私に電話がかかってくるたびにストレスです、だって説明できないのですから笑。

無理な企画の詳細を検討する謎

そもそも効果がないことが分かっていましたが、なぜか詳細の検討は進めていました。

効果はさておいて、成り立つ計画を作ろうとしたのです。この時点でおかしすぎです。

そして、この謎の企画を成り立たせる案を作ったり、予算の見積もりをするのに1年間も使いました。

仕様を決めるために、現場の責任者やメーカーと話をしたりと、なかなか時間をかけたのです。

そして、なんとか成り立つ企画を作ったのですが、そもそもの効果はないので、やっぱり意味ないのでした。

仕事を頑張っても基本ムダ

忙しい

この1年間を振り返ると、何も結果が出ていないことになります。もちろん、ある程度の知見を得ることはできました。

しかし、それが将来活かされるかはわかりません。

つまり、この1年間は上司の無茶ぶりのせいで、頑張っても意味のない状況になっていたのです。

私はこの企画は通らないと思っていたので、あまり真剣になっていませんでした。

こんな成り立たない企画を頑張っても意味ないのです。そう割り切っていました。

周りも同じ状況です

私の周りもほとんど同じ状況です。効果がない、成り立たない企画を無茶ぶりされているだけなのです。

そして真面目な人ほど、その企画を頑張って作ろうとするのです。もちろん、それは頑張りどうこうで解決する話ではありません。

しかし、頑張って進まないストレスを抱え、私たちの職場の状況はなかなか最悪になっています。

正しい努力の方向を見つけるべき

男性

このような状況は自動車メーカーで働くとざらにあります。

そして体調を崩してしまう人が多いのです。私も仕事に向き合いすぎて、うつ病になってしまいました。

結論から言って「会社で頑張っても意味ない」です。

ならば、自分の頑張った分だけのリターンがある副業を頑張りましょう。

副業と言っても、サラリーマンやバイトではありません。

自分のビジネスを始めるしかないのです。YouTubeでもいいですし、ブログでもいいです。

私はブログを1年半続けましたが、やはり頑張った分だけ伸びます。まだ収益はほとんど出ていませんが、それでも続けていくつもりです。

サラリーマンの仕事を9年してきましたが、何も状況は変わりません。むしろ前よりも酷くなっています。給料も上がらなくなりました。

あなたも自分のためになる方向で努力しましょう。努力する方向を間違えると悲惨です。

脱サラリーマン!」ぐらいの勢いで進めば何かつかめるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください