自動車メーカーはなぜ部署間で仲が悪いのか

男性

どうもヒロです。

あなたは自動車メーカーに興味はありますか?

もしかしたら他の会社にも当てはまるかもですが、自動車メーカーでは部署同士の仲が非常に悪いです。

こんなにも仲が悪いのか、まとめてみました。

部署間で仲が悪い理由

危険

分業が生んだ弊害

例えば、全ての仕事を1人でやれば、だれとも仲が悪くなることはありません。

しかし、自動車を作るためにはあまりに仕事が多すぎて、1人では仕事を完結できません。

技術部門でさえ、設計、生産技術、現場とそれぞれが専門家にならないといけないのです。

私の会社も100を超える「課」があります。

分業になると自分の分野しか知らないことになります。

相手とうまくやるためには、相手を知ることが第一ですが、そもそも知る機会もないのです。

例)生産技術と現場の場合

生産技術は新車が作れるように、現場に設備を導入します。そして、現場が実際にその設備を使って車を作るのです。

私は入社して9年目ですが、生産技術と現場はずっと仲が悪いです。

現場の中には生産技術を目の敵にしたような人もいます。

それはそれぞれの立場の言い分が正反対で、相手を理解しようとしていないからです。

現場「生産技術は困った設備を現場に押し付ける」

生産技術「現場は設備に文句ばっかり言っている、話が進まない」

こんな会話ばかりなのです。

現場は常に被害者意識を持っていますし、生産技術は現場の理解のなさに困っているのです。

人事的な交流がないから

この場合、てっとり早いのはを入れ替えることです。

文句を言う現場のお偉い様を生産技術に異動させ、その逆も行うのです。

しかし、それはほとんど行われません。自動車メーカーでは現場の人はずっと現場にいます。

しかし、稀に現場から生産技術に来る人もいます。その人が現場に帰ると話が非常にし易いです。

現場と生産技術の苦労を両方理解しているからです。

とはいえ、人事交流があるのは平社員ばかりです。あまり意味はありません。

理想はいがみ合っている課長クラスをトレードしてしまうことです。そうなれば風通しが多少よくなります。まぁ実現はされないでしょう。

人柄重視の仕事だから

自動車メーカーでは、残念なことに仕事そのものではなく、で判断されます。

平気で「あいつとは合わないので仕事したくない」と言うのです。

しかもそれが平社員ではなく、係長や課長でもそうなのです。

個人的な好き嫌いがあまりに強いのです。

例)私の部署の例

私はある仕事を別のA部署にお願いしようとしました。

もちろん、A部署の担当者とは話をしています。

しかし、ここで問題なのは課長同士の仲です。私な部署の課長とA部署の課長との仲は最悪です。

なんと、この話をうちの課長がしたところ、A部署の課長から断られたのです。その断りのメールは私にも飛んでいましたが、まぁひどいものでした。

A課長「今回は別件もあるので、お断りします」

うちの課長「私が手に入れた情報ですと、そちらは暇だと認識していますが」

いやいや、こんな内容をたくさんCcつけてメールしないでほしいです。

A課長とは同じフロアなのに、直接話もしないのです。こんなやり取りをした後に仕事なんて頼みたくないですよ。

ほんと困りました。これは仕事うんぬんよりも、ただ嫌いだからやらないと言っているだけです。

組織に所属していない人が判断する

このような不毛な会話が生まれるのは、それぞれの課長が「自分のことしか考えていない」からです。

とはいえ、それはどんな組織であれ当たり前なのです。しかし、毎回こんな調子だと、仕事なんて進みようがありません。

やはり何のしがらみもなく、権力のある人が取り仕切る必要があるのです。

この状況をマシにするために

脱出の鍵

漫画「嘘喰い」の立会い人

私は最近、週刊ヤングジャンプに連載されていた「嘘喰い」にはまっています。

これは主人公が権力者達と勝負をし、成り上がるストーリーです。

勝負にはルールを決めて、実行し、結果が出ればそれに従わないといけません。

自分と相手だけだと、話はまとまりません。

嘘喰いでは勝負する時に賭郎(かけろう)という立会人をつけます。

賭郎がルールを決めて、勝負をさせ、負ければ敗者を逃がさないのです。

組織の仕事のやり取りは、いわばこの勝負と一緒です。

賭郎のような立会い人がいないと話がまとまらないのです。

普通の組織だと、いくら同じ会社だと言えど、自分の部署の意見だけを通そうとします。

話が揉めた時、この賭郎のようなシステムがあれば、すぐに話はつくのです。

まとめ

ポイント

自動車メーカーは分業が進みすぎた弊害もあり、部署同士の仲が非常に悪いです。

仕事を課長に頼んで依頼しても断られることはよくあります。

表向きは「同じ目標に向かって頑張ろう」と言っていますが、現実は残念はものです。

こんな人間関係の消耗戦に巻き込まれるのがサラリーマンです。

自分でビジネスをさっさと始めて、サラリーマン生活から抜け出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください