自動車メーカーの「社宅」事情

社宅

どうもヒロです。

あなたは自動車メーカーに興味はありますか?

今回は自動車メーカーの「社宅」についてまとめました。

社宅のスペック

家族

 

社宅の家賃など

私が住んでいる社宅は築30年の鉄筋コンクリートのマンションです。

全部で3棟あり、1棟あたり60世帯、合計180世帯あります。

車は1台無料で停められますが、2台目からは4,000円かかります。

そして、家賃は3万円です。管理費や修繕積立金も必要ありません。敷金や礼金も必要ありません。たった3万円で住むことができるのです。

また、家のことでトラブルがあれば無料で修理してくれます。

私の家では以前、ハチの巣を業者が駆除してくれました。

広さは3LDKの80㎡

社宅は広いです。家族4人で暮らしても十分な広さがあります。

部屋は全て6畳です(和室1室、洋室2室)。今は子どもが小さいので、LDKだけで十分です。

2つの洋室は物置になっています。これだけの広さのマンションを借りようとすると、普通は2〜3倍の家賃がかかります。

お風呂は狭い

ただし、部屋の広さに比べてお風呂が狭いです。

大人2人で入ることができません。お風呂の作りも昔っぽいです。最近のお風呂は床を掘っていますが、社宅のお風呂は床を掘っていません。

大人が足を伸ばせないので、少し窮屈です。

敷地内に公園がある

社宅の敷地内に公園があります。砂場、滑り台、ブランコ、鉄棒と遊具が充実しています。

子どもが小さいので、公園が近くにあると便利です。

最近では砂場もない公園も多いということですが、砂場もあり、子どもも楽しく遊んでいます。

入居期限は10年

そんな社宅ですが、入居期限は10年です。

子どもができると、小学校1年生になるまでに家を購入する人がほとんどです。

なので長くとも6年住んで退去する場合が多いのです。

社宅のイベント

友達

BBQ

これは年に1回開催されます。

社宅の駐車場にテントを立てて、BBQをします。缶ビールが1本100円で売っている他、料理も格安で食べることができます。

草刈り

これが一番残念で大変なイベントです。草刈りは年に2回行われます。

社宅の敷地はとても広いので、業者に頼むとお金がかかります。

なので住民が自分達の手で草刈りをするのです。男性は草刈り機を使います。

その刈った草を女性や子どもがゴミ袋に入れます。ざっと100袋ほどの量になります。

ゴミ拾い

社宅の周りのゴミ拾いです。3ヶ月に1回しなければいけません。

しかし、社宅の周りにゴミはほとんどないため、ただの散歩で終わります。

役員が面倒くさい

社宅の入居者にはが回ってきます。

フロアのまとめをするフロア長や、役員です。

役員になると、さきほど紹介した社宅のイベントの企画や運営をします。

さらに市のボランティア活動に参加する必要も出てきます。

家族は地域のお祭りにボランティアとして参加しました。

役員は3年に1回しなければいけません。打ち合わせは2ヶ月に1回です。

休みが潰れるので、あまり嬉しくありません。

社宅の人間関係

子どもがいると、公園で立ち話をする程度です。人間関係でストレスを抱えることはありません。

隣の部屋から音が聞こえることもありません。とても静かです。

私は最上階に住んでいますが、下の部屋からクレームを言われたこともありません。

社宅自体がかなりがっちり作られているので、騒音に悩まされることはないのです。

社宅に住むデメリット

考える女性

結露がひどい

社宅は30年前に作られたこともあり、結露がひどいです。

窓やドアガラスが結露で水浸しになっています。私の部屋は6階なので、まだ大丈夫ですが、1階はかなりヒドイようです。

結露が理由で社宅を1年で出た人もいます。

虫がすごい

社宅は田舎のさらにの近くにあります。最近では外の廊下にカブト虫やクワガタがいました。

そして残念なことにカメムシもいます。夜になると窓に虫がたくさん止まっています。なかなかテンションが下がるのです。

退去時にお金がかかる

社宅を出るときは、畳と壁紙を全て取り替えます。さらにクリーニングもしっかりするので、それなりの費用を払わないといけません。

周りに聞くと、ざっと10万円程度は必要なようです。こればかりは必要経費として考えるしかありません。

まとめ

社宅は広く、格安で住むことができます。

なんといっても維持費がかからないのが魅力的です。

子どもが2人〜3人いても十分に暮らせる広さです。

まずは安い社宅に入ってお金を貯めて、住宅を購入するといいでしょう。

社宅に住んでいる知り合いがいれば、ぜひ中を見せてもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください