自動車メーカーの「資格」についてまとめてみた

勉強

どうもヒロです。

みなさん、自動車メーカーに興味はありますか?

私は自動車メーカーの技術職の9年目です。自動車メーカーの仕事と資格についてまとめてみました。

自動車メーカーの採用に資格は必要ない

サラリーマン

自動車メーカーだと専門的な資格を必要だと思いがちですが、違います。

自動車メーカーに働くために必要な資格はありません。

唯一、必要な資格は普通自動車の運転免許です。

自動車メーカーはその多くが都心から離れた場所にあるため、電車通勤ができません。

なので、ほとんどの場合が車通勤になります。

できれば就職活動が始まる前までに普通免許を取得しておきたい所です。

最悪、普通免許がなくても不採用にはなりませんが、人事からいい印象は受けないでしょう。

TOEICはあった方が有利

英語

TOEICは必須資格ではありません。

しかし、500点あれば、履歴書に書いていいレベルです。それ以上だと採用でプラスになります。

私の会社ではTOEIC600点が係長に昇進する条件になっています。

さらに大手になると、2年目に600点を取らないと昇進の道が断たれてしまいます。

このように入社してから間もなくすると、TOEICの点数が取れないと昇進できないのです。

もちろん、入社してから頑張ることはできますが、入社して勉強すると時間はなかなか取れません。

採用する人事からすると、昇進できないかもしれない人材よりも、昇進できる人材を採用しようと思います。

現に私の会社ではTOEICの点数が高い学生が多く採用されています。

上司よりも新人の方がTOEICの点数が高いという不思議な現象が起きています。

入社して必要な資格は社内教育で取る

講義

自動車メーカーに入社すると、多くの資格が必要となりますが、その多くは社内資格になります。

なので、入社前に公的な資格を取る必要はありません。

しかし、仕事によっては公的な資格が必要になる場合もあります。

例えばフォークリフトの運転資格や玉掛け作業の資格がなどは社外の資格が必要です。

しかし、これらの資格取得も会社が無償で受けさせてくれます。

自身のスキルアップで社外の資格を受ける場合も会社が半額程度を補助してくれます。

とにかく、仕事で必要な資格は入社してから取ることがベストです。

転職時に有利な資格

パソコン

転職の際は資格ではなく、経歴が重要視されます。

特に同じ自動車メーカーで働いた経験があれば大きなプラスになります。

自分の能力を証明する意味として資格は多少のプラスになります。

しかし、マイクロソフトオフィス操作の資格などはプラスになりません。

CAD利用技術者などは多少のプラスになります。

自動車メーカーに入るためには

ポイント

自動車メーカーに入るためには、資格ではなく、トータルの仕事力を求められます。

自動車メーカーの仕事はどれも一人でできるものではありません。

設計であれ、生産技術であれ、多くの関係者と仕事をしなければいけません。

私は担当人事に学生を採用するポイントを聞きましたが、やはり「コミュニケーション能力」だと答えました。

そして、コミュニケーション能力とは、誰とでも仲良くなれる能力ではありません。

コミュニケーション能力とは「相手の話をよく理解して、適切なアウトプットを出す能力」です。

仕事とはまさにコミュニケーションの連続です。

仕事では些細なコミュニケーションミスが大きな失敗に繋がることは多々あります。

なので、学生の時からアルバイトをしたり、自分から積極的に社会人と関係を持つことは非常に大事です。

まとめ

ポイント

自動車メーカーに入社する際に必要な資格は普通自動車免許だけです。

また、TOEICは高いスコアを取っていれば、履歴書に書いてアピールをしましょう。

その他の資格は必要ありません。会社に入ってから必要な時に取得すれば問題ありません。

就活までに資格取得に頑張るのではなく、とにかくコミュニケーション能力を上げておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください