自動車メーカー技術職が思う「仕事ができない人」の特徴

忙しい

どうもヒロです。

あなたは自動車メーカーに興味はありますか?

私は大手自動車メーカーの技術者の9年目です。9年目にもなると、評価がくっきりと分かれます。

つまり、仕事ができる人とできない人がはっきりするのです。

私は仕事なんてクソだと思っています(評価は人並みです)。

一般ピーポーの私から見ても「この人はちょっとやばいな」という人はいます。

仕事ができない人の特徴

後悔するサラリーマン

仕事が遅い

仕事ができない=仕事がいです。これしかありません。

仕事が遅いと納期に遅れることになりますから、お客さんや周囲に迷惑をかけることになります。

二度手間が多い

仕事が終わらない原因は、仕事そのものの量が多いか、仕事をさばくスピードが遅いかです。

そのスピードに関係するのが手際のよさです。

仕事ができない人はこのに二度手間がかなり多いです。

これは私がやりとりしていた仕入先Aさんとのやり取りです。

Aさん「商品の開発が終わりましたので、10/1か10/2に弊社までお越しください」

私「分かりました、なんとかスケジュールを調整して10/1に行きます」

9/29あたり

Aさん「すみません、10/1にお見せできる準備ができていません。リスケさせてください」

私「他の予定があるので無理っす」

こんなありえないやり取りがありました。

いやいや、こっちに聞く前に、自社で調整してこいよ。

このAさんは要注意人物だと思っていましたが、ほどなく退職されました。

仕事のボリュームが分かっていない

何をやっていいか把握できないパターンです。

こうなるとかなり悲惨です。普通は仕事が多くなるなと、自分なりにリストを作成します。

しかし、リストすら作っていないパターンはよくあります。

どの仕事をいつまでに終えるべきかが分からないので、闇雲に仕事をすることになります。

そして、納期が短い仕事が終わっていないので、先方から怒りの電話が鳴り止まないのです。

他の人がフォローしようとしても、本人が仕事を把握していないので、助けようがありません。

そもそも、本人が危機感を感じておらず、爆弾が爆発する瞬間まで持っているパターンでもあります。

話が長い

これはよく上司に当てはまります。話が長い人は自分の中に答えが見つからないので、結論が出せずにごまかします。

多少の脱線は必要ですが、脱線したまま帰ってこないこともよくあります。

一見、話やすそうでコミュニケーションが取りやすい人だなと思うのですが、仕事できないレッテルが貼られてる人は多いです。

逆に普段はあまり話さないけど、仕事となるとテキパキとする方は多いです。

無駄話も少ないので、とてもスムーズに仕事ができます。

説明を聞いても分からない

仕事ができる人は、状況が把握できているので説明がシンプルで分かりやすいです。

逆に仕事ができない人の説明は意味不明です。

本人は必死で説明しているのに、何がポイントなのか分からないのです。

例えば後輩に「今何に困ってる?」と聞きます。

後輩は「今◯◯と△△の検討してまして、それと同時に・・・」と説明してくるのです。

私「いや、やってることは分かるから、ポイントだけ教えて」となるのです。

全ての仕事は重要度が違います。ポイントが分かっていないので、説明が長くなったり、あまり大事でないポイントを強調してしまうのです。

断れない

私も現場からお願いをされます。そして、仕事ができない人は全ての意見を聞いて持ち帰るのです。

そうなると、現場はその人ならやってくれると勘違いし、どんどん仕事を依頼してきます。

それは単にお人好しなだけです。結局は仕事がさばききれず、現場に謝りに行くことになるのです。

私の後輩は、毎日のように仕事をもらっていました。そうなると上司ですら管理できません。

できないことは、はっきりNOと言えないと仕事は終わりません。

仕事ができない上司はつらい

お手上げのサラリーマン

担当者としては、仕事ができない上司を持つと地獄です。

上司とは何かを決断する仕事です。

担当者も別に上司が正しい決断ができるかは望んでいません。

ただ責任を取って決めてほしいだけです。

私「A案、B案どちらにしましょうか?」

上司「そうだな、C案はどうだ?」

私「・・・」

このように結論を先延ばしにする上司は山のようにいます。誰でも責任を取りたくないのです。

昨日も自分の部署の打ち合わせに付き合わされました。1時間半も上司はそれっぽいことを言っていましたが、結局は何も決まりませんでした。

まとめ

男性

仕事ができない人は、仕事のボリュームやポイントが理解できていません。

自分で仕事を抱え込んでしまい、炎上するパターンが多いです。

仕事はある程度は慣れですが、私の経験上、その人の性質による所が大きいです。

残念ながら仕事ができない方は、意識改革が必要です。

私も仕事ができずに苦しんだ時期があり、残業を80時間もしていました。

しかし、「とにかく定時で帰る」と意識しだした頃から仕事がさばけるようになり、今は本当に定時で帰っています。

定時で帰るのに、評価は上がるという謎の現象が起きています。

いかに短い時間で結果を出すか。これを意識して仕事をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください