自動車メーカーの研修の実態を話します

研修室

どうもヒロです。

みなさん、自動車メーカーに興味はありますか?

悩める就活生Aさん
興味はあります、研修などはあるのでしょうか?
管理人ヒロ さん
分かりました、自動車メーカーの研修の実態をお話しします。

私は大手自動車メーカー子会社の技術職です。入社してからほぼ1年間は研修期間でした。

3ヶ月から半年の工場実習がある

工場実習の目的

作業員

自動車メーカーには大きく分けて、「現場で働く技能員」と「オフィスで働く事務・技術職」があります。

私は技術職で採用されたので、現場で車を作ることはありません。

しかし、自動車メーカーは工場実習といって、実際に現場で技能員と同じ仕事をする研修があります。

期間はその年によって違いますが、長い時は半年にもなります。

研修の目的は「現場を知ること」なのですが、要は現場の人出不足」を補うためです。

自動車メーカーは多くの期間従業員を雇っていますが人件費がとても高いです。

工場の仕事は体力がいるので、賃金を高くしないとすぐに辞めてしまうからです。

そこで若くて体力もある新入社員を現場に入れるのです。

研修だけなら1週間ほどでいいと思うのですが、さすがに長すぎです。

工場実習の大変さ

疲れた男性

配属先はプレス、溶接、塗装、組立、検査です。

私は組立のドアラインに配属されましたが、とにかく大変でした。

車に組み付ける部品を棚から取り出して、動いているハンガーに自分で歩いて追いついて入れます。

2時間続けて作業するので、トイレに行く暇もありません。

夏は休憩時間ごとにポカリの500mlを飲んでいました。

現場研修で体重が10kg近く落ちました。話を聞くと組立工事が1番大変なようです。

悩める就活生Aさん
現場実習は避けて通れないんですね・・・
管理人ヒロ さん
よほどの理由がないと逃げられないぞ、覚悟して行こう。

全体の研修

資料

入社して始めは技能員、事務・技術職みんなで同じ研修を受けます。

研修中にとにかく徹底されるのが、「あいさつと礼儀作法」です。

あいさつはとにかく大きな声でしなければいけません。

自動車メーカーは実のところかなりの体育会系です。

研修の始まりと終わりはもちろんのこと、会社の人とすれ違う時もあいさつをしなければいけません。

そして、集団での行動訓練があります。これは整列や行進などの練習です。小学生などが体育の時間であるあれです。

まさか、社会人になってまで行動訓練をしないといけないとは思いませんでした。

しかもかなり厳しく、少しでも列が乱れると怒られます。

その他は会社の概要を教えてもらいます。全体の研修だけで2ヶ月はかかりました。

悩める就活生Aさん
自動車メーカーって意外と古いんですね・・・
管理人ヒロ さん
入ってからのギャップがすごいぞ!覚悟して入社しよう!

事務・技術職の研修

研修

全体の研修や現場研修の他にもオフィスワークが主体の事務・技術職だけの研修があります。

原価・調達・法律などの一般的な知識から、車を作る上では欠かせない安全の勉強などを行います。

また、技術職は製図や車の仕組みも勉強します。

また、実際に車のドアやインパネを組み付ける実習もありました。今の仕事のある程度のベース作りといったところでしょう。

こういった研修を入社してから1年弱続けることになります。

1年目はほぼアウトプットがない状態です。毎日のレポート提出がありますが、研修の内容をまとめるだけなので難しくはありません。

現場実習を除けば、ほとんど仕事をしていないのに給料がもらえるので楽な期間ではあります。

自動車メーカーは研修にかなりの時間をかけます。

私の担当だった人事から「あなた達は会社のコストだ」と言われたことがあります。

聞いた時は「何をこの人は言っているんだろう?」と思いましたが、今は納得です。

とはいえ、研修中は人事も評価しようがありませんし気楽に過ごしましょう。

悩める就活生Aさん
自動車メーカーの研修がよく分かりました!
管理人ヒロ さん
メーカーによっても違いはあると思うので、調べてみてくれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください